レジャーゴルフ【Caddy】 > おでかけ・グルメ > 【石川県】夏だ! 女子旅♪ 旅ゴルフ♪ 山中温泉、山代温泉、片山津温泉の見どころ

おでかけ・グルメ

【石川県】夏だ! 女子旅♪ 旅ゴルフ♪ 山中温泉、山代温泉、片山津温泉の見どころ

こんにちは。トラベルライターのManaです。

第1回目では、石川県に位置する加賀温泉郷(山中温泉・山代温泉・片山津温泉)の公衆浴場や立ち寄りグルメについて紹介しました。

第2回目となる今回は、前回の続編で各温泉街の見どころについて紹介していきます。

山中温泉はこんな温泉

山中温泉写真:Mana

山中温泉は、約1,300年前に行基が発見し始まった温泉です。
それから長い年月が経ち、松尾芭蕉が訪れ、句を詠んだとされています。

自然あり!女子旅で人気あり!な山中温泉の見どころを、4つ紹介していきます。

山中温泉観光協会公式ホームページ

[1]あやとりはし

あやとりはし写真:Mana

S字型の奇抜なデザインで、落ち着いた赤紫色の「あやとりはし」は、インスタ映えもバッチリ♪
橋から眺める鶴仙渓(かくせんけい)は絶景です!

更に、2019年4月1日より、日没後~22時45分まで「Kakusenkei Light」と題し、「あやとりはし」がライトアップされています(降雪時期まで)。

橋のたもとでは、毎年4月から10月(2019年は4月1日~11月30日)まで、「鶴仙渓川床」が営業され、加賀棒茶や川床スイーツをいただけますよ。

【住所】石川県加賀市山中温泉河鹿町ホ

[2]岩不動

岩不動写真:Mana

ヒノキ造りで風情がある「こおろぎ橋」の近くには「岩不動」があります。
岩不動は目にご利益があるので、目の病気改善や目の健康を願う人にオススメのスポットです。

また、岩から出る湧水を飲むこともできますよ。

【住所】石川県加賀市山中温泉こおろぎ町ロ131-1

[3]山中座

山中座写真:Mana

山中温泉の観光拠点としての役割を果たしている「山中座」。
毎週土・日・祝日には山中の伝統芸能「山中節四季の舞」が観賞でき、公演終了後には芸子さん達と一緒に写真を撮ることも可能です。

山中座の隣には、第1回目の記事で紹介した「山中温泉 総湯 菊乃湯(女湯)」が併設されています。

【住所】〒922-0123 石川県加賀市山中温泉薬師町ム1番地
【電話番号】0761- 78 – 5523
【営業時間】8:30~22:00、山中節四季の舞15:30~16:10(毎週土・日・祝日のみ)
【料金】山中節四季の舞:大人700円
【URL】https://www.yamanaka-spa.or.jp/yamanakaza/

[4]「飲泉処 菊の露」と「芦湯 笠の露」

飲泉処-菊の露写真:Mana

山中温泉の温泉(源泉)は入浴するだけでなく、飲むこともできます。
「飲泉処 菊の露」で山中温泉の源泉を飲んでみると、ゆで卵を作った後のお湯に似た味がします。

源泉を飲むことによる適応症は、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風です。

芦湯-笠の露写真:Mana

「芦湯 笠の露」は「飲泉処 菊の露」の近くにあります。
大理石が印象的で、上部は源泉も飲めるハイブリッドな構造の足湯です。
源泉温度が高く、湯の熱さに慣れるまで少々時間がかかります。

飲泉処 菊の露 基本情報
【住所】石川県加賀市山中温泉湯の出町レ1
【料金】無料

芦湯 笠の露 基本情報
【住所】石川県加賀市山中温泉湯の出町
【電話番号】0761-78-0330(山中温泉観光協会)
【営業時間】7:00~22:30
【定休日】無休
【料金】無料

山代温泉はこんな温泉

山代温泉
写真:Mana

山代温泉は、伝説上の生き物であるヤタガラスが水たまりで羽の傷を癒しているところを、行基によって発見され始まりました。
約1300年の歴史があり、第1回目の記事で紹介した「山代温泉 総湯」や「山代温泉 古総湯」等、現代と昔の良さが調和した温泉街です。

そんな山代温泉から、見どころを2つ紹介していきます。

山代温泉観光協会公式ホームページ

[1]はづちを楽堂

はづちを楽堂写真:Mana

こちらでは、地元の食材を使用したスイーツやカレー等を提供している「はづちを茶店」と、地元工芸作家の九谷焼やおみやげを販売している「丹塗り屋」があります。

山代温泉街の散策で一服するには、ピッタリなスポットです。

【住所】石川県加賀市山代温泉18-59番地1
【電話番号】0761-77-8270
【営業時間】9:30~18:00(イベントの際は19:00~22:00営業あり)
【定休日】水曜日(祝日の場合は営業)

[2]山代温泉 源泉足湯

山代温泉-源泉足湯
写真:Mana

飛び石の向こうに、温泉で羽の傷を癒したと言い伝えられている、ヤタガラス像があります。
源泉を飲む場合は、ヤタガラス像まで行き、柄杓を使い飲みます。
源泉は山中温泉と同様の味で、且つ、薄いです。

源泉を飲むことによる適応症は、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風です。

足湯に浸かる場合は、両脇の長椅子に座って浸かります。

【住所】石川県加賀市山代温泉18-121甲
【電話番号】0761-77-1144(山代温泉観光協会)
【営業時間】8:00~22:00
【料金】無料

片山津温泉はこんな温泉

片山津温泉写真:Mana

屋形船やサイクリングを楽しめる「柴山潟」沿いに、片山津温泉はあります。
夏休み期間中(2019年は8月1日~8月31日)は毎晩花火が上がり、夏のゴルフ旅行にオススメです。

片山津温泉からは、見どころを3ヶ所紹介していきます。

片山津温泉観光協会公式ホームページ

[1]浮御堂(うきうき弁天)

浮御堂写真:Mana

柴山潟に建つ御堂で、弁財天と竜神が祀られています。
夜になるとライトアップします。

【住所】〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉
【電話番号】0761-74-1123(片山津温泉観光協会)

[2]片山津温泉 足の湯 えんがわ

片山津温泉-足の湯-えんがわ写真:Mana

砂走公園・あいあい広場内にある足湯で、見る角度によっては、まるで屋形船のように水面に浮かんで見えます。
足湯の底はでこぼこしており、足裏に体重をかけるとツボ押しのように刺激されます。
ですので、温泉との相乗効果で健康になれそうな足湯です。

【住所】石川県加賀市片山津温泉3区
【電話番号】0761-74-1123(片山津温泉観光協会)
【営業時間】5:00~24:00
【定休日】無休
【料金】無料

[3]愛染寺(あいぜんじ)

愛染寺写真:Mana

片山津温泉の繁栄を見守り続けてきた「愛染寺」。
こちらのお寺名物、特許を取得した「一心絵馬(いっしんえま)」は、ハートがモチーフのはめ込み式絵馬で、一つだけ願い事を書くと叶うと言われています。

愛染寺は縁結びのご利益があり、恋愛以外にも、人間関係や仕事、お金等の縁結びにもご利益があるとされています。

【住所】石川県加賀市片山津温泉11-3-5
【アクセス】車:北陸自動車道・片山津ICから車で約5分、電車:加賀温泉駅からバス、又は、タクシーで約10分
【電話番号】0761-74-0169
【営業時間】6:30〜17:30(季節により変動あり)
【料金】拝観料無料、一心絵馬1,000円
【URL】http://aizenji.jp/

さいごに

各温泉街では、7月下旬~8月下旬にかけて夏祭りが開催されます。
夏の女子旅やゴルフ旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか?

各温泉街での入浴や立ち寄りグルメについては、下記の記事をご覧ください。

この記事で紹介した場所

この記事を書いた人

Mana
Mana

1994年生まれのトラベルライター。

温泉が好きで女子の特権を活かし、「オシャレでかわいく、快適に温泉を楽しみたい」と常に考え、実際に考えた温泉コーデや自分なりにこだわりのある温泉グッズを持って、実際に温泉に足を運んでいる。

自称「温泉かわいい研究家」。

スポンサードリンク
おでかけ・グルメの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード