レジャーゴルフ【Caddy】 > おでかけ・グルメ > 【富山県】美しい富山湾と、きっときとの海の幸が魅力♪新湊の観光スポット4選

おでかけ・グルメ

【富山県】美しい富山湾と、きっときとの海の幸が魅力♪新湊の観光スポット4選

こんにちは。トラベルライターのManaです。

先日、久々に地元の観光スポットに足を運んでみると、魅力的な観光地に様変わりしていました!県外ナンバーの車やツアーバスを多く見かけて、なんだか嬉しく感じました。

今回は筆者の地元、富山県射水市の新湊地区の観光スポットを4つ紹介していきます。

【1】海王丸パーク

写真:Mana

新湊でいちばんのスポット「海王丸パーク」。特に、ゴールデンウィークやお盆、3連休は、県外ナンバーの車が海王丸パークへ続々と向かう姿を見かけます。パーク内からシンボル的存在の「海王丸」、新湊大橋、晴れた日は立山連峰を眺められます。毎年7月最終日曜日には花火大会が開催されます。

写真:Mana

海王丸は年に10回総帆展帆され、その姿を見れば別名「海の貴婦人」と呼ばれるのも分かるはず。有料ですが船内見学することもできますよ。夜になるとライトアップされます。

また、海王丸パークは恋人の聖地にも選定されているので、デートスポットにもオススメです。海王丸パークでは通算6回結婚式が行われていて、富山県内のカップルだけでなく、石川県や関西のカップルも式を挙げました。カップルの皆さん、一度海王丸パークへ訪れてみませんか?

新湊観光船の副船長・みーちゃん

写真:Mana

新湊観光船の看板猫「みーちゃん」。6歳の女の子(2019年11月現在)で、撫でたり、カメラを向けても動じず、人に慣れています。みーちゃんは新湊観光船の正社員で、副船長として一日1回程遊覧船に乗るそうですが、どの時間帯に乗船するかは波の高さと、みーちゃんの気分次第とのこと。

遊覧船に乗らなくても、海王丸パークに行くと会えますよ(定休日を除く)。

海王丸パーク
【住所】〒934-0023 富山県射水市海王町8番地
【電話番号】0766-82-5181[(公財)伏木富山港・海王丸財団]
【料金】無料(海王丸の船内見学は大人400円)
【駐車場】あり(無料:600台)
【Web】http://www.kaiwomaru.jp/

新湊観光船
【住所】〒934-0023 富山県射水市海王町2
【電話番号】0766-82-1830
【営業時間】8:30~17:00、冬季:12月~2月 8:30~16:00
【運航時間】9:00~16:00、冬季:12月~2月 10:00~15:00(冬季の平日は予約のみ)
【定休日】毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)
【料金】万葉丸・内川遊覧&12橋巡り  大人1,500円
    万葉丸・内川遊覧 大人1,000円
    ※公式サイトのクーポン券を提示で10%引き
    その他、遊覧船のコースあり
【Web】http://shinminatokankousen.jp/

【2】新湊きっときと市場

写真:Mana

海王丸パークから車で1~2分の距離にある「新湊きっときと市場」では、富山湾でとれた新鮮な魚介類の販売、レストランや浜焼きコーナーで美味しい海鮮が食べられます。ちなみに、「きときと」とは富山県の方言で「新鮮な」という意味です。

富山湾でとれる有名な魚介類は、白エビ、ホタルイカ、ズワイガニ、ベニズワイガニ等。

新湊は漁師町で、新鮮な魚介類が手に入りやすい地域。地元のスーパーでも、販売されている魚やお造りの鮮度が良いです。富山から離れて住んでいると、新湊の魚が恋しくなります。

皆さんもぜひ、新湊へ新鮮な海の幸を買いに&食べに来てみてください♪

レストラン「きっときと亭」

写真:Mana

新湊きっときと市場内にあるレストラン 「 きっときと亭」では、富山湾でとれる海の幸を使った海鮮料理が食べられます。

写真は「海の幸お造り御膳(2,585円:税込)」です。メインのお造りの他、焼き魚や小鉢、漬物、カニ(恐らく渡り蟹)の出汁が利いた味噌汁、ご飯には富山県産のお米が使われています。

メインのお造りにズームイン!(笑)

ブリ、マグロ、「富山湾の宝石」と呼ばれる白エビ、ホタテ、サーモン、甘エビ、鯛、イカの8種類のお造りが綺麗に盛りつけられていて、どれも新鮮!特に甘エビは、2尾のうち1尾が子持ちで絶品です!

新湊きっときと市場
【住所】934-0023 富山県射水市海王町1
【電話番号】0766-84-1233
【営業時間】9:00~17:00(時期により変動あり)、きっときと亭11:00~16:00
【定休日】年中無休
【駐車場】あり(無料)
【Web】http://kittokito-ichiba.co.jp/

【3】カモンパーク新湊

写真:Mana

射水市唯一の道の駅。新湊や富山県内のお土産の販売、白海老バーガーや富山の食材を使用した料理が食べられます。

徒歩圏内に日帰り温泉施設(天然温泉 海王)があるので、車中泊としても人気のスポットです。

バーモンドデリシャス

写真:Mana

筆者が子供の頃、大好きで飲んでいたローカル飲料、新湊乳業協同組合の「バーモンドデリシャス」。青りんごのような風味の果汁入り清涼飲料です。昔は当たり前のように飲んでいましたが、今は牛乳瓶の容器がレトロでオシャレに感じます。

値段は1本123円(税込)。上記で紹介した、新湊きっときと市場の自動販売機では1本120円(税込)で販売されています。

試しに、冷蔵庫で冷やしたバーモンドデリシャスに、業務スーパーの冷凍タピオカを解凍して入れてみたところ、相性が良くて美味しかったです!瓶が割れないように、持ち運びに注意ですが、興味のある人は一度試してみてくださいね♪

カモンパーク新湊
【住所】〒934-0049 富山県射水市鏡宮296
【電話番号】0766-83-0111
【営業時間】物産コーナー 8:00~21:00
ファストフードコーナー 9:00~19:00
レストラン 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
新湊食堂 8:00~21:00
展示コーナー 8:00~21:00
【定休日】年中無休
【駐車場】あり(無料:普通車161台)
【Web】http://shinminato.co.jp/

【4】天然温泉 海王

写真:Mana

温泉好きの間で知られており、筆者も帰省したら1回は必ず行く、日帰り温泉施設「天然温泉 海王」。外にある足湯は無料で入れます。まるで縁日のような館内で、入浴だけでなく飲食もできますよ。

温泉は水もお湯も加えていない源泉かけ流しで、泉質はナトリウム‐塩化物強塩泉(高張性・中性・高温泉)。黄土色の湯は毎日色が変化するそうですが、何度も行っているのに、筆者には色の違いが分かりません(笑)。口に入るとしょっぱいのも特徴です。

朝に利用してみると、体がポカポカするのと保湿剤を塗らなくても一日中乾燥しないのには驚きました。その他、温泉に含まれるメタケイ酸のおかげか、顔の肌の調子が良かったのを夜の入浴時よりも実感できました。

女風呂では、無料で泥パックをして記念撮影することもできます。

天然温泉 海王
【住所】〒934-0049 富山県射水市鏡宮361
【電話番号】0766-82-7777
【営業時間】早朝風呂5:00~8:59
通常営業9:00~21:59
夜風呂22:00~23:45(0:00閉館)※12月31日は22:00閉店
【定休日】元旦、毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は営業し、火曜日が休み)
【料金】早朝風呂・夜風呂 大人600円、通常営業 大人700円
【駐車場】あり(無料)
【Web】http://www.onsen-kaiou.jp/

さいごに

地元に住んでいた頃はその良さが分からなかったですが、離れてみると良さが分かりました。観光スポットも、新鮮で美味しい魚も。

皆さんにも、新湊の良さを知ってもらえると幸いです。

この記事で紹介した場所

この記事を書いた人

Mana
Mana

1994年生まれのトラベルライター。

温泉が好きで女子の特権を活かし、「オシャレでかわいく、快適に温泉を楽しみたい」と常に考え、実際に考えた温泉コーデや自分なりにこだわりのある温泉グッズを持って、実際に温泉に足を運んでいる。

自称「温泉かわいい研究家」。

スポンサードリンク
おでかけ・グルメの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード