レジャーゴルフ【Caddy】 > 特集 > 2019年ゴルフの新ルール。OBでも初心者にやさしい5つの改訂

特集

2019年ゴルフの新ルール。OBでも初心者にやさしい5つの改訂

2019年1月1日から「スピードアップ」と「わかりやすく」を目的にゴルフの一般ルール(※)が変わりました。

※一般ゲームのルールの変更で、公式大会のルールでは適用外のものもあります。

発表自体は2017年3月にR&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ・オブ・セントアンドリュース)とUSGA(全米ゴルフ協会)が「ゴルフ規則を近代化するための変更案」を提案していました。

初心者にとって嬉しいルール5つ

初心者にとって嬉しいルール5つ

レジャーゴルフを楽しみたい方や初心者にとっては嬉しい改定となっていますので、特に覚えておきたいポイントをピックアップしてご紹介します。

グリーンの旗竿(ピン)は常に立てたままでOK!

今まで、球がグリーンにのったら旗竿(ピン)をカップから抜いていましたよね?抜いた旗竿をどこに置くか困っていた人も多かったはず。

新ルールでは、旗竿はさしたままでOKになりました。どんどん打てるのでプレースピードも早くなるし、竿にあたってパットが入る可能性もあるので、ありがたいですよね。

バンカーは手で出せる(ただし2打罰)

バンカーが苦手だと感じたら、二打罰で手で出せます。出す場所はバンカーの後方になります。2打罰なので、3打目でバンカーに入って手で出したら、次を6打目として打ちます。(3+2打罰=5打目でバンカーから出たということになるので)

準備できた人からどんどん打てる

今までは、グリーンから一番遠い人が打つまで待っていた人が多いと思いますが、これからは、準備ができた人からどんどん打って良いことになりました。 安全が確保できていれば、どんどん進めましょう。

また、ロストボールを探せる時間は3分までとなりました。もし3分たって見つからなかった場合は、下記の二打罰で打てます。

OBやロストした場合、プレイング4がなくてもそのロストした近所から打てる(ただし二打罰)

OBは、1打罰として打ち直しになります。例えば2打目でOBだった場合は、打ち直しは4打目になります(2+1打罰で既に3打になっているので)。新ルールでは、プレイング4(通称プレフォー)がない場合でも、球を失った近所から二打罰で打てます。

つまり、例えば1打目がOBだった場合、ロストした近所から4打目として打てるのです。(1+2打罰で既に3打になっているので次は4打目です)

初心者ならプレフォーの方が打ちやすいですね。プレフォーがないゴルフ場や、2打目以降にOBした場合はありがたいルールです。

ドロップは膝の高さから

ボールをドロップする場合は、今まで肩の高さからでしたが、膝の高さから行ってよいことになりました。より狙ったところに落とせますね。

ちなみに、ドロップできる範囲は1クラブレングス、つまり1クラブ分の長さが目安です(ハザードから出す時はクラブの2つ分の長さ)。

1クラブレングスはプレーヤーがそのラウンドのために持ち運んでいる最も長いクラブ(パターを除く)ですので、通常はドライバーの長さです。

ちょっと嬉しいルール改定5つ

知らなかったけど、ちょっと嬉しい改定2つ

今まで知らずに実はNGだったの?と思う方もいるでしょう。しかし、改定され大丈夫になった5つのルールをご紹介します。

球が「勝手に動いた」場合は罰なし

無意識でボールに触ってしまった場合などは、普通に罰なしでボールを戻して打ち直します。故意かどうかが大切です。

これは今までも仲間うちでプレーしている時は罰なしで回っている人も多いと思いますので、あまり意味がない改定かも知れません。ただこれからは堂々と公式ルールとして主張できます。

距離計測器の使用が公式に認められる

今まで普通に使っていた人もいると思いますが、公式に使ってよいことになりました。堂々と使っていきましょう。

球の取り替えOK!(救済時)

救済時に球の取り替えがOKになります。救済時とは、例えばカート道に落ちたなどで、球を拾って置き直しする時のことです。球に泥がついた時などはありがたいですよね。

1ホールの最大スコアの設定

1ホールの最大スコアの設定が可能になりました。たとえば12打までと決めたなら、カップインしていなくても12打で終了できます。

今までも仲間うちでプレーしている時は似たようなルールを作っている人もいたと思いますが、これからは堂々とルール(ゴルフ場や主催者が自由に決められるローカルルール)として活用できます。

自分の打順がきたら(40秒)以内に打たないと1打罰

これは嬉しい人と嬉しくない人がいると思いますが、自分の打順がきたら(40秒)以内に打たないと一打罰です。(40秒)と書いたのは、これは例示値で、実際には大会運営者が決める値だからです。

なおパー3のホールのティーショット、グリーンへのアプローチショット、チッピングやパッティングをプレーする場合は追加10秒が認められます。

「自分の打順」は一般的にはボールを置いて打てる状態からですが、審判が決めることになっていますので、仲間内の場合は「おいおい、あいつ全然打たないな」という時に指摘するくらいでよいと思います。

なお距離計測をしたり、クラブ選択をしたり、グリーンを読んだりしている時間はその場ではカウントされませんが、次の打席でその時間の秒数が減ります。言い換えると「一打目、アプローチ、グリーン上での一打目は考えてもいいけど、次からは早く打って」ということですね。

ゴルフ新ルールのまとめ

一言でいえば、とにかくプレーを早くできるルール改定がふえました。初心者の人も堂々と公式ルールとして使えるので、ぜひ覚えておきましょう。

冒頭にもかきましたが、新ルールは2019年1月1日より有効になります。

日本語訳はこちら

日本ゴルフ協会が、ルールを説明したPDFを公開しています。その他改定されたルールなど、詳しくはこちらをご覧ください。

2019年規則の主な規則の解説

この記事を書いた人

Avatar
丸山耕二

1976年6月30日生まれ。普段の仕事はIT系のコンサルタント業務を行っている。 サッカーが好きだが、うまくない。 打ちっ放しゴルフ場は毎週行っているが、ゴルフコースは隔月で回るくらい。冬は滅多にいかないが、ゴルフ自体は楽しんでいる。

スポンサードリンク
特集の関連記事
人気記事
人気キーワード