レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 【新ルール対応】初心者に嬉しいゴルフのOBルール。動画つきでわかりやすく解説

コラム

【新ルール対応】初心者に嬉しいゴルフのOBルール。動画つきでわかりやすく解説

2019年1月1日から新ルールがあり、OBに関するルールが大きく変わりました。

OBに関するルールは難しい点も多く、いまいち新しいOBのルールに付いていけていないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、OBの基本的なルールを抑えながら、新ルールについてもわかりやすく解説しました。

動画や図表つきで説明しているので、初心者の方にもイメージがつきやすくオススメです。

1打罰なのに実は2打分損してる!?OBってそもそもどういうこと?

しっかりわかる!OBの意味。

OBとは、アウトオブバウンス(Out of Bounds)の略で、ゴルフがプレーできる区域の外を指す用語です。

多くのスポーツと同様に、ゴルフでもボールを場外(=OB)に出してしまった時にはペナルティがあります。

実は +2打するだけ!OB後の打数の計算。

ボールをOBに入れてしまった時、1打罰となって、もう一回打ち直しになります。

例えば、2打目に打ったボールがOBに入って打ち直した場合、以下のように計算します。

1打目のショット(1打)+2打目のショット(1打)+OBのペナルティ(1打)+OB後のショット(1打) = 4打

よって、 OB後のショットは4打目です。

OB後のショットは、+2打と考えておけば簡単に計算できます。

再生回数62,000回超!!とてもわかりやすい、OBルールの解説動画。

OBについては、ローカルルールも存在し、正しいルールを知ってプレイしている人は意外と少ないです。

下の動画では、4分程度でOBについて、新ルール改正の内容も含めて詳しく解説してあります。

わかりやすくてオススメですので、ぜひご覧ください。

OBのラインは一体どこから?間違いやすい、コースのルール。

どこからがOBなの?コースとOBの境界ラインについて。

OBは、コースの境界の外側、もしくは、競技委員会やゴルフ場管理者がOBとした区域です。

OBとプレーできる区域は、白杭か白線によって示されています。

白杭だけの場合は、ボールの前後にある白杭の内側を結んだラインがOBラインです。

OBのライン上はアウト!?意外と知らない、OBの正しい範囲。

OBラインはわかったが、OBのライン上に乗った場合はどうなるのか?

という疑問もあるかと思います。

考え方としては、『OBラインからボールが少しでもOB側に出たらアウト』です。

ボールがOBライン上に乗ったとしても、OB側にボールがはみ出していない場合は、セーフとなります。

スイングの時にOBの杭が邪魔になった。こんな場合、杭を動かしていいの??

OB杭は固定物?動かしたら2打罰が科せられる。

OBを示す白杭の近くにボールが行って、スイングをする邪魔になった時、白杭を動かしてスイングをしてもいいのでしょうか?

基本的に、プレイヤーが白杭を動かすことはできません。

OB杭は、ルール上で定める障害物ではなく、固定物とみなされるからです。

仮にOB杭を動かしてしまった場合、ルール違反で2打罰が科せられます。

ウォーターハザードの杭やヤード杭は障害物!動かしても大丈夫。

OB杭は固定物なので動かしたら、2打罰が科せられるということでしたが、ウォーターハザードの目印となる杭や、グリーンまでの距離を示すヤード杭を動かしてもペナルティとなるのでしょうか?

ウォーターハザードの杭とヤード杭は、障害物であるため、動かしてもペナルティは発生しません。

少々ややこしいですが、「OB杭は他の杭と意味が違ったものである。」と認識しておけば大丈夫でしょう。

【新旧ルール比較】OBになったら次はどこから打つの?初心者に嬉しい新ルール。

これまでの文章で、OBの基本的なルールについて説明してきました。

しかし、けっきょく気になる所は、

「実際にOBになったら、結局どう対応したらいいの?」

「OBになったらどんなペナルティがあって、次はどこから打てばいいの?」

という実践的なところだと思います。

【21019年1月1日のルール改正前】セカンドショット以降のOBは、打った地点の近くにドロップしなくてはならない。

2019年1月1日から有効になった新ルールで、新たなローカルルールが認められるようになっています。

下図のように、これまでは、セカンドショット以降でOBとなった場合、打った地点の近くでドロップしなくてはいけませんでした。

OBになった時の打数ペナルティ
ティショット(1打目)1打罰。3打目として再度ティショットを打つ。
セカンドショット(2打目)以降

1打罰。ボールを打った場所の近くで、グリーン上のホール(穴)近づかないところにドロップ(ボールを落として)再度打つ。

【21019年1月1日のルール改正後】セカンドショット以降のOBは、2打罰でボールを失った地点の近くにドロップできる。

2019年1月1日のルール改定によって、セカンドショット以降のOBについて、新たなルールが加わっています。

2打罰のペナルティを受ければ、ボールを失った地点の近くにドロップできるようになりました。

OBになった時の打数ペナルティ
ティショット(1打目)1打罰。3打目として再度ティショットを打つ。
セカンドショット(2打目)以降

1打罰。ボールを打った場所の近くで、グリーン上のホール(穴)近づかないところにドロップ(ボールを落として)再度打つ。

もしくは、OBとの境界を横切った地点や、紛失球となった地点の近くでボールをドロップし、2打罰でプレーを続ける。

初心者のゴルファーにありがちなのが、 ”なんども同じ地点でOBに入れてしまい、なかなかコースが進まない。”というトラブルです。

新ルールでは、この事態を防ぐために、「2打罰にしたら、ボールが紛失した近くにドロップしてもいいよ。」ということになりました。

いかがだったでしょうか?

OBのルールは、ルール改正前からややこしい点が多かったと思います。

特に初心者の方は、何回もOBに出してしまう人も多いので、ぜひルールをしっかりおさえて快適にプレーできるようになりましょう。

この記事を書いた人

ゆうた
ゆうた

関西の大学三年生。 caddyでライターをしている。 ゴルフ歴は半年で短いが、初心者の方に向けた記事を中心に書いている。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード