レジャーゴルフ【Caddy】 > レッスン > 【動画つき】スコアアップ直結!!ゴルフグリップの握り方3パターン

レッスン

【動画つき】スコアアップ直結!!ゴルフグリップの握り方3パターン

ゴルフクラブのグリップの握り方は、非常に重要な問題です。

グリップをどのように握るかによって、スコアの大部分が左右されるといっても過言ではありません。

一方で、グリップの握り方に対して無頓着なゴルファーが多いことも事実です。

今回は、3種類の代表的なグリップの握り方について解説しました。

スコアが飛躍する!?3タイプの握り方から自分にあったものを探そう。

自分に合った握り方を見つけ、その握り方に習熟していくことがスコアアップの近道です。

ゴルフのグリップの握り方は、代表的なもので以下の3つがあります。

  1. オーバーラッピング
  2. インターロッキング
  3. テンフィンガー

それぞれの握り方に特徴があり、ゴルファーによって合う握り方も違ってきます。

そこで、それぞれの握り方の特徴について解説していこうと思います。

もっともポピュラーでマネしやすい握り方、オーバーラッピング。

もっとも人気な握り方、オーバーラッピングについて

ゴルフクラブの握り方で、もっともオーソドックスなものがオーバーラッピングです。

右手の感覚でクラブを振れるので、右利きの人にとって感覚をつかみやすい握り方です。

「どの握り方がいいのかわからない。」という初心者の方は、まずオーバーラッピングを試してみることをオススメします。

簡単!すぐできる!オーバーラッピングの握り方

左手の人差し指と中指の間に、右手の小指を乗せる握り方で、両手でクラブを包み込むようにします。

グリップの握り方を学ぶには、なんといっても動画が一番です。

下の動画では、オーバーラッピングの握り方がわかりやすく解説されているので、ぜひご活用ください。

 

タイガー・ウッズや石川遼も採用した握り方、インターロッキングについて。

王者の握り方、インターロッキングの2つのメリット

世界的に有名なプロゴルファーである、タイガー・ウッズ、ジャック・クラウス、バッバ・ワトソン、ルーク・ドナルド、石川遼、松山英樹、今平周吾などが採用しているグリップの握り方、それがオーバーラッピングです。

なぜ世界的なプロがこぞってインターロッキングを採用してるのでしょうか?

インターロッキングの握り方には、二つの大きなメリットがあります。

  1. 両手・クラブの一体感が出る。
  2. 腕力が弱い人・手が小さい人でも握りやすい。

安定感は抜群!?インターロッキングの握り方

インターロッキングでは、左手の人差し指と中指の間に、右手の小指をクロスして握ります。

握り方については、下の動画でわかりやすく解説されているので、ぜひこちらをご覧ください。

飛距離が出しやすい!テンフィンガーの握り方。

圧倒的にパワーが出せる!10本指で握るテンフィンガーの威力

テンフィンガーは、その名の通り、10本の指で直接クラブを握る握り方です。

オーバーラッピングやインターロッキングと違い、左右の指をクロスさせないのが特徴となっています。

テンフィンガーであれば、両手でしっかりと握れるうえ、小さい力でもしっかりと振ることが可能です。

そのため、あまり筋力のないプレイヤーなどにオススメです。

野球のバッティングと同じ要領!?テンフィンガーの握り方

テンフィンガーは、別名ベースボールと呼ばる通り、野球のバッティングと同じ振り方になっています。

テンフィンガーの握り方は、下の動画でわかりやすく解説がされているので、こちらをご覧ください。

 

 

いかがだったでしょうか?

ゴルフのスコアをアップさせる上で、自分に合った握り方を模索するのは非常に大切なことです。

ぜひ、色々な握り方を試して見て、自分にあった握り方を見つけて見てください。

この記事を書いた人

ゆうた
ゆうた

1997年生まれの現役大学生。 アルバイト先でライターの仕事をしている。 ゴルフは完全に素人。 ゴルフコースに出たこともないくせに、ゴルフの記事を書いている。 取材に乗じて、うまくなってやるつもり。

スポンサードリンク
レッスンの関連記事
人気記事

ゴルフレッスン

ゴルフコラム

ゴルフレビュー

人気キーワード