レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 【第2弾】とにかくゴルフで100切り達成!ティーショットは5番ウッドが基本だよ!

コラム

【第2弾】とにかくゴルフで100切り達成!ティーショットは5番ウッドが基本だよ!

こんにちわ!ノザ@ゴルフライターです!

最近よく妻に服のダメ出しをされます。

30代前半からあまり服に興味が無くなったんで、外出時も適当な服でいたらとうとう雷落ちちゃいました…。

妻からの要求は、「給料入ったら最低服を二枚は買え!」でした。

そんな金あったらゴルフかキャンプに使いたいわ!

さて今回は、「なりふり構うな!ゴルフ100切りの道!パート2」でございます。

今回はその第二弾となります!
以下より前回の記事が読めるので、始めにどうぞ。

ゴルフで100切り達成には1ホールいくつで上がればいい?

100切りを目指す為には、1ホールいくつで上がればいけるのか?

パー72だとしたら、単純に全てパー(規定打数)なら72。
全ホールボギーだとしたら90。

半分のホールをボギーでなく、ダブルボギーでも99となります。

まとめると、

  • 全ホールボギー狙いで良い
  • 18ホール中9ホールはダブルボギーでも良い

基本的にボギーを狙い、それが半分のホールで失敗しても100は切れる。

そう考えれば意外と簡単だと思いませんか?

①ティーショットは5番ウッドで十分!

では第一弾に続き、100切りの為の方法を説明していきます。

まずはコレ!「ティーショットは5番ウッドで十分!」です。

ティーショット=ドライバー(1番ウッド)と考える人がいますが、ぶっちゃけ5番ウッドで十分です。

飛距離は20~30ヤード落ちると思いますが、以下のようなメリットがあります。

  • ドライバーより優しいのでミート率(芯に当たる確率が上がる)
  • ドライバーより曲がらない
  • 簡単なクラブという思いがプレッシャーを減らす

どうせパーオンは狙わない訳なので、ティーショットの飛距離はさほど重要ではない。

よって、ドライバーより簡単な5番ウッドを使う事でゴルフが簡単になる訳です。

仮に300ヤード切るパー4ならアイアンで十分だったりします。

ウッドより簡単だし曲がらない。仮に6番アイアンで160ヤード飛んだとしても残りは140ヤード計算です。

これなら十分優しいですよね。セカンドショットが乗らなくても良い訳ですし。

②バンカーは欲をかかない!出す事だけ考える!

バンカーからの脱出は欲をかかないようにしましょう。

バンカーで2.3打叩く人は、グリーンオンするイメージを持ち過ぎてるんですよね。

僕もそうだったから分かるんですが、バンカーでのスーパーショットってないです。

なので欲を最小限に抑えましょう。
バンカーから脱出すればOK!ナイスショットですよ。

バンカーからはスーパーショットを期待しない。

この気持ちが重要です。

③パーオンは考えない!ボギーオンで十分!

冒頭で計算したように、100切りにはパーオンは必要ありません。

ボギーオンで十分なんです。

(※パーオンとは、パー4なら2打目でグリーンに乗る事。パー5なら3打目で乗る事を指す)

つまりパー4なら3打でグリーンに乗ればOK。
そこから2パットならナイスボギーです。

ついついティーショットが上手くフェアウェイに行くと、セカンドで狙って強振してチョロとかありますよね?

「2打目はグリーン近くまで運べれば良い」という思考が必要です。

ゴルフは手前からが基本なので、グリーン手前20ヤード位なら十分ボギーで上がれます。

ボギーで上がる為の計算式を組み立てましょう。

ダブルボギーも8ホールは使えるんで、気も楽かと思います。
ちなみに100切り未達成の人が、一番スコアが良くなるのがパー3です。

パー3ならではワンオンで、パーも狙えます。

パーを一個取っておけば、ダブルボギーも後一つ使えますからね。

とにかく無理せずボギーオンを狙いましょう。

おまけ・なるべく距離の短いゴルフ場を選びましょう!

これは少し卑怯かも知れませんが…。

100切りを狙うなら、総距離の短いゴルフ場を選びましょう。

ゴルフ場の全国平均距離は6700ヤードとされています。しかしこれだとかなり長いので、ぶっちゃけ6000ヤードを切るゴルフ場を選びましょう。

プラスでなるべくフラットなゴルフ場が望ましいです。

山岳でアップダウンに苦しめられ、さらに6500ヤード級となるとかなり難しい環境です。

  • 全長6000ヤード以下
  • なるべくフラットなゴルフ場

この2点を押さえてゴルフ場選びをすれば、かなり有利な状態で100切りを目指す事ができます。

まとめ・100切りに格好良さはいらない!

という事でまとめます!

  1. ティーショットは5番ウッドで十分
  2. バンカーに入ったら欲をかかない
  3. 全ホールボギーでも100は余裕で切れる

おまけ・なるべく簡単なゴルフ場で狙おう

前回と今回の記事を読めば100切りは絶対できます!

とにかく徹する事が大切です。

例えばティショットの5番ウッドですが、同伴者から「ドライバー振らないの?」と言ってくる人もいます。

毎回ボギーオンを狙えば、「パーオン狙いなよ!攻めな攻めな!」と言われたりもするかも。

なので徹する事が大切です。

徹すれば必ず100切れなんてできますよ!

それと、おまけで書いたゴルフ場選びもかなり重要です。ゴルフ予約サイトなどを見て、口コミもチェックしましょう。

ベスト更新できた~!とか書いてあるゴルフ場なら調べて見る必要ありです!

それではまた!

関連記事:ゴルフ100切り達成する為のマネジメント!

この記事を書いた人

ノザ@ゴルフライター
ノザ@ゴルフライター

埼玉県在住の【本業サラリーマン、副業ゴルフライター】として活動。自分のブログも含めて累計500記事以上執筆。ゴルフ歴は10年以上。月一ゴルファー。アイアンはマッスルバック使用。

【Twitter】
ゴルフ関係を中心に呟き、フォロワー1000人超え(2020年5月現在)
お気軽にフォローして下さい!
アカウント⇒https://twitter.com/nagaremono12

【ブログ】
ノザ@ゴルフライターの公式ブログ(https://golfwriter-noza.com/)

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -