レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > レディース用ゴルフクラブは何が違う?自分に合ったクラブ選びのコツ

コラム

レディース用ゴルフクラブは何が違う?自分に合ったクラブ選びのコツ

ゴルフを楽しむ女性が増えましたが、男性に比べて体力や筋力がどうしても劣ってしまう女性が男性と同じゴルフクラブを使ってよいのでしょうか?
女性ゴルファーのクラブの選び方について見ていくことにしましょう。

メンズとレディースの違い4つ

まずはメンズとレディースのクラブの違いについて見ていくことにしましょう。

重さが軽い

男性に比べて筋力があまりないという女性が多いので、クラブの重さが軽く設計されているモデルが多いです。
クラブを軽く力いっぱいスイングすることができることで、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びます。
ただし、クラブに重さがない分、同じヘッドスピードで比較した場合、メンズのものより飛距離はでにくくなります。

クラブが短い

身長が低い女性が男性用のクラブを使うと、どうしても長すぎることでクラブのコントロールがしにくくなります。
このため、レディースモデルはクラブが短くなっているものがほとんどです。
クラブが短い分、飛距離も出にくいのが一般的です。

シャフトが柔らか

シャフトが柔らかいため、良くしなります。スイングの力が弱くてもしなりを上手に利用することで、ヘッドスピードが向上し、ボールが遠くに飛びやすくなります。

ロフト角が大きい

ヘッドスピードがあまり出ない人でもロフト角が大きいと、高い弾道のボールを打つことができます。

レディース用のゴルフクラブを使うメリット

レディース用クラブは軽量でコンパクトなものが多いので、小柄な女性でもクラブを扱いやすくなっています。

シャフトのしなりを活かすことで、非力な女性でもヘッドスピードが上がりやすく、クラブのロフト角を大きくしてボールを高く上げることで、飛距離が出にくいという女性特有の問題を解決してくれます。

また、レディース用のクラブはカラフルで可愛いデザインのものやカラフルで華やかなものが多いので、おしゃれ好きな女性はゴルフファッションの一つとして、ゴルフクラブを選ぶことができます。

女性でも男性に負けないくらいの力のある方は、あえてレディースクラブを使う必要はありません。

男性用クラブの方が合う方

ゴルフ初心者の女性はレディース用のクラブを使う方が打ちやすいと感じますが、女子プロゴルファーなどはレディース用のモデルではなく、メンズと同様のクラブを使っています。

女性でもだんだん練習を重ねることでスイングが安定し、しっかりと振れるようになってきたら、できるだけ硬めのシャフトで、コントロール可能な重さのあるクラブに変えのが理想です。

というのも、しなりが強い柔らかいシャフトは軽量で振りやすいのですが、しなりが強い分、力強いスイングをすると飛距離や方向性にムラがでやすいのです。

そのため、しっかりと力強くスイングできるようになってきたら、今よりも少し重く硬いシャフトのクラブを変えていくことで、飛距離や方向性が安定するようになります。

また、スポーツ経験豊富で、筋力や体力が優れている人は、いきなりメンズ用のクラブを使っても問題ありませんし、むしろ飛距離が出るようになります。
レディース用が良いのか、メンズ用がいいのか分からないという人は、自分のヘッドスピードを測定してお店の人に重量やシャフトの硬さを相談してみましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード