レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 【超簡単】ドローボールの打ち方を誰でも分かるように解説します!

コラム

【超簡単】ドローボールの打ち方を誰でも分かるように解説します!

こんにちわ!

ゴルフライターのノザです!

ゴルフ仲間と中々都合が合わず、なんと二ヶ月もコースに行けてません!!

こんな行けないのは久しぶり…。

ストレス解消できない( ;∀;)

さて今回は、「簡単にドローを打てるようになる打ち方」について説明したいと思います。

やはりパー5や400ヤード超えのパー4では、ドローでしっかり距離を稼ぎたいもの。

そんな時はやはりドローボールが一番です。

※ドローボールとは飛距離が出る球筋の意味。転がってランも出る為、飛ぶ球筋と言われています。右に飛び出し、左に曲がるのが特徴。

①インパクトの瞬間に頭を動かさない

※画像の女性は良い感じに頭が残っています。

おそらくドローが打てなくて悩んでいる人は、「どれだけ打ってもスライスばかり」という人がほとんどだと思います。

かつての僕もそうで、どれだけ頑張っても左に左にしかいかなかった…。

まず第一に、「ドローボールを打つのは難しい」と考えない事が大切です。

ここから3つのポイントを紹介していきます。

まず1つのポイントとしては、インパクトの瞬間に球より頭を横にずらさない。

理由として、頭が突っ込むとスライス要素が一気に強くなる為です。

とにかく頭を動かさない事が大切!

②インパクトの瞬間に手首を返す

※画像のように手首を返します。

頭を動かさない事で、ドローが打てる状態になっています。ここでインパクトの瞬間に手首を返す。

これが大事です。

手首を返さないと、そのまま右にすっぽ抜けてしまうので、必ず手首を返すようにしましょう。

スライスばかりの人は、この手首の返しが甘い人が多い印象。人によって、リストターンは極力止めた方がいいと言いますが、個人的には反対です。

手首の力も使わないと球に伝わるエネルギーの効率も悪くなり、よく言う「捕まった球」というのが出なくなるんですよね…。

スライスが酷いという初心者は積極的に手首を使いましょう。

③ドローを打つというアドレス、スタンス

一番大切なのは、「ドローを打つという意思」です。

飛んで行く球筋のイメージを強く持つと、その球をどうやって打つか体が反応します。

例として、

ドローを打とうとすれば、当然球を左に曲げなければならない訳ですよね?

すると、クラブヘッドの軌道が必ずインサイドからになります。

画像のような感じでインパクトをむかえないと、ドローは出にくいんです。

そう考えればクラブヘッドの軌道が想像付きますよね。

  • ドローを打つ!
  • 球を左に曲げる!

という事を打つ前に強く思う事で、体がそのイメージにあった動きをするようになります。

まとめ「ドローを難しく考えない!」

という事でまとめます!

ドローボールを打つ為には、

  1. 頭を残す
  2. インパクト時に手首を返す
  3. イメージしてから打つ

以上の3つになります。

ドローを難しく考える人がいますが、ぶっちゃけ情報ばかりを仕入れても頭がパンクするだけ。

必要な情報とそうでない情報を自分で選ぶ事が大切。

難しく考えず、挙げた3つのポイントを意識して練習して見てください!

ドローボールが打てればロングホールが怖くなくなりますよ~

それでは!

この記事を書いた人

ノザ@ゴルフライター
ノザ@ゴルフライター

埼玉県在住の【本業サラリーマン、副業ゴルフライター】として活動。自分のブログも含めて累計500記事以上執筆。ゴルフ歴は10年以上。月一ゴルファー。アイアンはマッスルバック使用。

【Twitter】
ゴルフ関係を中心に呟き、フォロワー1000人超え(2020年5月現在)
お気軽にフォローして下さい!
アカウント⇒https://twitter.com/nagaremono12

【ブログ】
ノザ@ゴルフライターの公式ブログ(https://golfwriter-noza.com/)

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -