レジャーゴルフ【Caddy】 > モテ > 『裕福層の男性』からモテるゴルフ女子の条件

コラム

『裕福層の男性』からモテるゴルフ女子の条件

近年、女性のゴルフ人口は増加傾向にあり、人気が高まってきています。ですが、まだ男性の割合が多いスポーツですよね。

実はゴルフ女子の中には、ゴルフを始めてからモテ始めたなんて人も結構いるのです。では一体どのような女子がモテているのか?みんな気になりますよね。

今回はそんなモテ女子ゴルファーについて見ていくことにしましょう

なぜ、ゴルフ女子はモテるのか?

一昔前より、身近な存在となったゴルフ。若い世代から子供まで、気軽に楽しめるスポーツに変わってきています。

そして近頃の女子プロゴルフ界は、綺麗で可愛い選手がたくさん活躍していますよね。このような流れに乗り、ユニフォームのない自由なファッションを楽しめるゴルフウエアにもアパレル業界が注目したことで、以前と比べてカラフルでオシャレなデザインが増えました。

そのため、「おじさん=ゴルフ」のイメージが強かったゴルフの敷居が低くなり、自分磨きの為に趣味の1つとして始める女性も増え、練習を重ねるうちに、いつしか魅了されてゴルフにはまる人も少なくありません。

そもそもゴルフは男性のプレーヤーの多いスポーツです。男性の中に紅1点となればモテないはずがありません。また、プレーに華を咲かせる意味でも、それなりにプレーできる女性ゴルファーは重宝されます。

《モテるゴルフ女子の特徴4つ》

1.プレー中に細やかな気遣いが出来る

スコアに集中するあまり自分だけのプレーをただ楽しむのではなく、進行確認やちょっとした行動を言葉で伝えて周囲への気遣いがしっかり出来る人は、優しい人と周りの心に残ります。

男性ウケのいい女性は自然とこのような行動を取っています。いつの時代もそんな心配りの出来る女性を男性は好むのです。

2.距離感の縮め方が上手

ゴルフは男性から気軽に教わりやすいスポーツです。モテる女子は甘え上手な面も持っています。

ゴルフコースを回るとなれば、一日一緒に過ごすことになるので、一緒に回る中で、握り方、立ち方、構え方などを気軽な感じで男性からアドバイスしてもらうのもモテるコツと言えるのかもしれません。

そんな気取らない感じの女性に男性が親しみを持ち、次第に会話も増え、気にかけてもらえるのです。

この方法だと、距離の縮め方に不自然さがないので、周囲にも不快な雰囲気を与えないですよね。

また、ラウンド以外でもゴルフクラブ選びのショッピングからゴルフ練習場など、状況に応じて自然な誘い方もモテる女子は心得ています。

3.無邪気な仕草

モテ女子には何気なく無意識にしている仕草の中に、男心をくすぐる才能があります。例えば、夢中でゴルフを楽しむあまり、喜怒哀楽をみせながら自然体で接する無邪気な仕草は無敵です。

男性はそんな女性の仕草にキュンとしてしまい、知らぬ間に心を鷲掴みにされてしまうようです。

4.ほめ上手

ゴルフだけに言えることではありませんが、ファションやプレーを女性に褒められて嫌な男性は皆無でしょう。

あまり大袈裟過ぎると、あざといと思われてしまうので注意しましょう。

《気を付けて!初心者ゴルフ女子のNG行動》

ゴルフは、紳士淑女のスポーツといわれるだけあり、今でもマナーやエチケットはとても大切にされています。そこで気を付けるべき行動がたくさんあるのです。

スロープレー

初心者だから、打球が安定しないからといって、スロープレーになるのはNGです。

同じグループの人以外にも、前後にはプレー待ちする人がたくさん居ることを常に心がけ、自分の番がきたら速やかにプレー出来るように心がけましょう。

また、OBやボールの行方が分からなくなってしまう事も避けられないことだと思います。だからといって、さすがに打つ回数が増えればプレーに支障をきたし、空気が悪くなりかねません。

そういった場合に備え、予め少し多めにボールを準備しておくとよいでしょう。

ボール探しに時間がかかりそうな場合は早めに見切りをつける対応も必要です。対処の仕方が分からないことがあれば一人で判断せず、同伴プレーヤーに質問するなどして、周りの進行に気を配る謙虚な姿勢で参加するようにしましょう。きっと、周囲に良い印象を与えることができるはずです。

ゴルフ場で実際にプレーするとなれば、初めは緊張し失敗することも多々あると思いますが、場数を踏めばルールやマナーなど覚えることも難しくありません。ですから、あまり肩の力を入れ過ぎず、純粋にプレーを楽しむ心も忘れないで下さいね。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード