レジャーゴルフ【Caddy】 > レッスン > ゴルフレッスンのやめどきサイン5選!【独学の方が伸びる?!】

レッスン

ゴルフレッスンのやめどきサイン5選!【独学の方が伸びる?!】

ゴルフレッスンやスクールでは、明確な卒業のタイミングがありません。

あまり上達しないのに、だらだらと通い続けてしまったという人も少なくないと思います。

成果が出ないのに何ヶ月も通い続けてしまうのは、お金も時間ももったいないですよね。

そこで今回は、「ゴルフレッスンのやめどきサイン」についてお話ししようと思います。

ゴルフレッスンのやめどきサインは以下の5つです。

  1. 2ヶ月間レッスンを受けても上達しない
  2. 指導者の教え方が意味不明
  3. レッスンが楽しくない
  4. 自分で練習する時間が取れていない
  5. 月謝が家計を圧迫する

早速それぞれのサインについてご説明していきますね。

【1】2ヶ月間レッスンを受けても上達しない

「ゴルフレッスンに2ヶ月通ったけど上達しているように思えない。。。」

そう感じているあなた。

残念ながらそのゴルフレッスンは退会を検討した方がいいでしょう。

もちろん、担当のゴルフコーチは、

「2ヶ月通ったくらいではまだまだ練習が足りません。このまま通い続けたら上達しますよ。」

なんて甘い言葉をいってきます。

それが商売ですから。

しかし、レッスンに3ヶ月、4ヶ月と通いつづけたとしても、大きく上達することはありません。

スコア100を切れていない入門者の方でしたら、ゴルフの原理を学んで2ヶ月も練習すれば、必ず何かしらの成果は出ます。

ゴルフレッスンに通って上達したという知人は皆、1ヶ月目、2ヶ月目で何かしら目に見える成果があがっていました。

2ヶ月通っても上達のきざしがないのだとしたら、そもそもコーチの教え方に問題があったり、あなたに合っていないレッスンに通っている可能性が高いのです。

よって、そのゴルフレッスンは退会した方がいいでしょう。

【2】指導者の教え方が意味不明

ゴルフ指導者の教え方がよくわからない場合も、レッスンをやめることをオススメします。

たしかに、ゴルフレッスンを教えている人はゴルフが上手な人が多いです。

しかし、ゴルフがうまいからといって、教え方までうまいとは限りません。

むしろ指導者にもともとゴルフのセンスがあった場合、教え方が下手になるというケースが多いです。

指導者が感覚的にゴルフを習得してしまったために、レッスン生にも感覚的に教えようとしてきます。

その結果、レッスン生は混乱し、いつまでたってもスイングの理屈が理解できない状態になります。

これではいくら練習を繰り返しても上達する可能性は低いでしょう。

ゴルフ指導者が自分の理論を持って指導をしていないと感じられた場合は、そのゴルフレッスンはやめた方がいいかもしれません。

【3】レッスンが楽しくない

レッスンが楽しくないというのも、ゴルフレッスンの退会を考える上で重要なポイントです。

「厳しいレッスンを受けないと上達なんてできない。」

と言われるかもしれませんが、それは間違いです。

たしかに、あなたがゴルフの一流プロを目指しているのなら、血のにじむような練習が必要かもしれません。

しかし、スコアの100や90を目標にしており、趣味でゴルフをやっている方々はそんな大変な練習をする必要ないのです。

”楽しみながらゴルフを続け、結果として上達している”という状態が理想ではないでしょうか?

また、ゴルフの腕が上がってくれば、練習も自然と楽しくなってくるものです。

レッスンが楽しくないのは、実は、スイングが上達しないからではないでしょうか?

  • 毎月数万円もかけて、
  • 楽しくもないゴルフレッスンに通い、
  • それでも一向に上達しない。

というまさに三重苦に苦しめられている人はたくさんいます。

それは、あなたにゴルフのセンスがないからでも、理解力・努力が足りないからでもありません。

ゴルフレッスン会社や指導者の方に問題があるのです。

【4】自分で練習する時間が取れていない

「指導担当者の長いゴルフの説教を聞いて、ほとんどスイングせずにレッスンが終わる。」

という場合は、一刻も早くそのスクールを退会することをおすすめします。

半端なゴルファーほど自分のスウィングについて語りたがる。

戸田藤一郎(昭和時代のプロゴルファー。史上初のグランドスラム達成。)

とあるように、実力がない指導者ほど、ゴルフの説明ばかりをしてきます。

もちろん、指導者の説明を聞いて、客観的に自分のスイングを把握することも大切です。

しかし、ゴルフを上達させるためには、指導を受けるよりも長い時間を実際の練習に当てなくては行けません。

本当にゴルフが上達するのは、ゴルフの解説を聞いている時でも、うまい人のスイングを見ている時でもありません。

自分で試行錯誤しながら、スイングを繰り返している時です。

どんなに質の高い解説やゴルフ理論を学んだとしても、結局はクラブを繰り返し振って、自分に合った打ち方をマスターしていくしかないんですね。

よって、自分でクラブを振る時間が取れないのであれば、そのゴルフレッスンは退会したほうがいいでしょう。

【5】月謝が家計を圧迫する

最後に考えたいのが、お金の問題です。

レッスンに通い続けるのには結構なお金がかかります。

レッスン料が毎月1万円を超えるところも少なくありません。

毎月1万円ということは、年間で12万円。

2年間ほど通ったら24万円もかかります。

これだけのお金があれば、海外旅行にだって行けてしまいます。

あなたが今通っているゴルフスクールに、それだけのお金を費やす必要があるのか、もう一度考えてみてはいかがでしょうか?

もし、あなたが今ゴルフレッスンに通っていて、その受講料が家計を圧迫しているのであれば、ゴルフレッスンの退会を検討してみることをお勧めします。

ゴルフの独学をお勧めする3つの理由

「ゴルフレッスンの退会は考えているが、それでもゴルフを上達させたい。」

という方も多いかと思います。

そこで、私たちはゴルフの独学をお勧めします。

特に、「一度ゴルフレッスンには通ってみたが、うまくいかなかった。」という人は、独学をしたら伸びる可能性が高いです。

私たちがゴルフの独学をお勧めするのには、3つの理由があります。

  1. いいゴルフ指導ができるコーチは少ない!
  2. ゴルフは「頭を使う」スポーツ!自分で考える時間が大切。
  3. 【不都合な真実】スクールはあなたに上達してもらっては困る?!

それぞれについて説明していきますね。

【1】いいゴルフ指導ができるコーチは少ない!

そもそも、いいゴルフ指導ができるコーチは非常に少ないです。

ゴルフレッスンで上達しなかった人が、もっとも多く口にするのが、

「指導者に変な教え方をされた。」

です。

さっきも言ったように、ゴルフの指導者には、もともとゴルフがうまかった人が多いです。

もともとゴルフができた人は、センスや感覚でゴルフを習得していることが多いため、人に教えるのはそこまでうまくありません。

むしろ、人にゴルフを教えるのは下手な部類に入ると言っていいでしょう。

逆にゴルフ指導が上手な指導者は、

  • 大人になってから、理論的にゴルフを習得した。
  • ゴルフ以外のこと(他のスポーツや習い事など)も教えている。
  • もともとゴルフがうまくはなかったが、試行錯誤してうまくなった。

という特徴があります。

感覚的にゴルフを学んだ人とは違い、理屈からゴルフをわかっている人がいい指導者です。

ゴルフ以外のことにも強みがあり、人に教えていたりすると、別の角度からゴルフを捉えることができるため、解説が非常にわかりやすくなります。

しかし、このような指導者は本当に少ないです。

特に地方に住んでいる人は、通えるゴルフレッスンの数が少ないため、いい指導者に巡り会うことは難しいかもしれません。

【2】ゴルフは「頭を使う」スポーツ!自分で考える時間が大切。

ゴルフの独学を勧める2つ目の理由は、ゴルフが頭を使うスポーツであるということです。

スイングの仕方から、コースマネジメント、パッティングまで。

戦略と理論を考えながらやっている人とそうでない人では、スコアに大きな差が出ます。

ゴルフ上達のスピードも大きく違ってくるのです。

しっかりとしたゴルフ理論が書いてある教材を使い、基礎的なことをまずは押さえましょう。

そのあとは、スイングをしながら試行錯誤をして、しっかりと自分のスイングを身につけるのがベストです。

また、自分でいろいろ考えながらスイングやコースマネジメントを分析していくことは、ゴルフを楽しむ醍醐味の一つといえます。

ぜひ、自分で考える時間を大切にして、ゴルフを楽しんでください。

【3】【不都合な真実】スクールはあなたに上達してもらっては困る?!

ゴルフの独学をお勧めする最後の理由は、ゴルフスクールの立場上の問題です。

ぶっちゃけて言うと、月額課金制のゴルフスクールの多くは、あなたに長く受講を続けて欲しいと思っています。

なぜなら、その方が儲かるからです。

あなたに1ヶ月や2ヶ月でゴルフを上達されて、卒業されてしまったら困るのです。

もちろん、あなたにすぐにでも上達して欲しいと考えているゴルフスクールもあるかもしれません。

しかし、ゴルフスクールだって商売でやっています。

できるだけたくさん売上をあげたいと言うのが本当のところではないでしょうか?

あまり大きな声ではいえませんが、わざとレッスン生がすぐに上達しないような指導をしているゴルフレッスンもあるとか。。。

もちろん、ゴルフスクールの会社や指導者によって変わってきますが、信頼できない指導をしているところも結構あります。

よって、私は独学をすすめているのです。

最後に

本来は、ゴルフレッスンでいいコーチに巡り合って、二人三脚でゴルフを習得するのが一番です。

しかし、それは現実的ではありません。

いいコーチにめぐり合える確率なんて本当に少ないですし、まして地方に住んでいる方はゴルフレッスン自体、通うのが大変ではないでしょうか?

独学でゴルフを学ぶのであれば、レッスン場に通う必要はありませんし、指導者の質は選びません。

教材だけ、激選されたものを使用すればいいのです。

すでにゴルフレッスンに通った経験があり、それでも思うようにいっていないという人には特に独学で伸びる可能性が高いです。

ぜひあなたもゴルフの独学を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

ゆうた
ゆうた

関西の大学三年生。 caddyでライターをしている。 ゴルフ歴は半年で短いが、初心者の方に向けた記事を中心に書いている。

スポンサードリンク
レッスンの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード