レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 河川敷コース・ゴルフ場のメリット4選!ベストスコアが出るしコスパも良いけど風に注意!

コラム

河川敷コース・ゴルフ場のメリット4選!ベストスコアが出るしコスパも良いけど風に注意!

どうも~ノザ@ゴルフライターです!

こないだお酒片手に群馬のゴルフ場を見ていたら、2時間経っていました(笑)

このゴルフ場はお風呂が良さそう!
あのゴルフ場はトリッキーで面白そう!

なんて妄想していたらあっと言う間に2時間。改めてゴルフ馬鹿だな~と実感しました(笑)

さて今回は、「河川敷コース・ゴルフ場のメリット4選!」について紹介していきます。

河川敷コースって皆さん行かれますか?僕は結構行きます。

※河川敷コースとは、川の近くに隣接されたゴルフ場の事

最初に結果を言うと、コスパが良いんですよ河川敷コースって。

詳しく説明していきます!

1.河川敷コースは広くてOBが少ないから高スコアが狙える!

河川敷コースの特徴として一番に挙がるのが、「コースが広くてOBが出にくい!」です。

基本的に河川敷は広いんです。広いからOBも少なくて済む。

仮にこれが山岳コースだとしたら、球が曲がれば谷に真っ逆さまですが、河川敷なら隣のホールに行くだけです。

隣のホールに行くだけなのでボールは無くさないですし、罰を示す「杭」が無ければ無罰で打つ事ができます。※上記画像のような杭の事

山岳なら一発OBも河川敷なら無罰でセカンドショットが打てる訳です。

この差はでかいですよ。

さらに言えば、隣ホールから狙うセカンドショットも、林間のように木で遮られていないのでほぼフェアな状態で打つ事ができます。

曲げたのに無罰&フェアな状況で打てる。ここは河川敷コース最大のメリットです。

2.障害物が少ないからトラブルショットも少ない!

ここも河川敷コースの特徴で、「障害物が圧倒的に少ない」です。

もしかしたら違う河川敷コースもあるかも知れないので、そこはご自身で調べて下さいね。

で、河川敷は基本障害物が少ない。池やバンカーが通常のコースより圧倒的に少ないイメージです。

トラップが無いなら、当然スコアもよくなります。

密集した木なども無いので、仮に曲げてコースの端に行ったとしても、木に囲まれてるから低いショットでレイアップしないと!って状況もない訳です。

つまりトラブルショットを打つ機会が極端に少ないんです。

3.高低差が少ないから距離感が出しやすい!

河川敷コースは高低差が少ない。

山岳コースへ行くと高低差はかなり激しい。ティーショットは打ちおろしで、セカンドショットは打ち上げとか普通にあるし、一方的に下っていくコースもあります。

これだと打つ前に、「何ヤード下っているのか?」という計算を入れなけらばなりませんよね。

残り100ヤードだけど、かなり下っているから、じゃ80ヤード計算で打てば良いんだよな??的な。

さらに山の地形を利用しているので、90度曲がるホールとかもあります。

しかし河川敷は高低差がないので、番手選びに困る事はありません。

無風という条件なら、残りが100ヤードなら100ヤード打てば良いだけ。高低差の計算は一切いらない。

河川敷コースで極端に曲がるホールもないので、その点を心配する必要もありません。

4.比較的に安価な値段設定が嬉しい!

ゴルフ予約サイトを眺めていると、安!と思うのは大抵河川敷コースです。

なぜこんなに河川敷は安いのか…。

  • 風が強いから?
  • 夏とか雷が来ると危ないから?
  • 川が近い芝の調子が悪いとか?

考えても一向に分かりません。

山岳コースだってデメリットはありますし、価格が高いイメージの林間コースだって酷い所は酷い。

ただ分かる事は、河川敷コースはスコアが出る上に、価格が安く設定されているという事。

つまりメリットは多いという事です!最高!

【唯一のデメリット】 河川敷はとにかく風に注意です!

ここまで河川敷コースを褒めまくっていますが、唯一のデメリットを書いておきます。

それは2つ。

  1. 強風の日はコースが鬼と化す
  2. 夏は日を避ける場所がなく茹タコになる

強風の日は河川敷コースは終わります(笑)スコアなんて出ません。

コースは広いしOBもない。罠も少ないのでベストスコアが簡単に出ますが、風が強いとワーストが出ます。

河川敷は障害物がない分、風を遮るものもない訳で、直で風の影響を受けます。

ハンパないですよ。パー3をウッドで打った事ありますもん(笑)

こうなったら日頃の自分の番手なんてあって無い様なもの。ひたすら手前から攻めるしかありません。

経験的に風速4/ms越えたら結構やばい事になります。

2つ目の「夏場に河川敷は地獄」ですが、これも本当きついですよ。
お酒は絶対に止めた方が良いし、体調不良なら間違いなくラウンドしない方が良い。

河川敷に日陰はありません。
身を守ってくれる木々もないので、ひたすら耐えるしかありません。

メリットばかりの河川敷コースですが、この2点だけは防ぎようがありません。

まとめ・河川敷コースで自信を取り戻そう!

という事でまとめます!

【河川敷コース4つのメリット!】

  1. コースは広くてOBがほとんど出ない
  2. 障害物が少ないのでトラブルショットの必要がない
  3. 高低差が少ないので距離の計算がしやすい
  4. 比較的に安価でラウンドできる
  5. 【デメリット】強風だと終わるし、夏場は命の危険がある

以上になります。

デメリットもありますが、それはどこのコースも一緒です。

どれだけメリットがあって、デメリットな部分を許せるか。それは自身のゴルフスタイルにも関係するでしょう。

ちなみに僕は河川敷コースには年一程度しか行きません。

コースが優しいのが逆に、自分に甘い僕に良くないんです(笑)
ただ自身を失うと河川敷コースにいきます。

それで自信を取り戻してまたゴルフを頑張れるようになるんです。

ぜひ河川敷コースに意気、ベストスコアを出して下さい!

それではまた!

この記事を書いた人

ノザ@ゴルフライター
ノザ@ゴルフライター

埼玉県在住の【本業サラリーマン、副業ゴルフライター】として活動。自分のブログも含めて累計500記事以上執筆。ゴルフ歴は10年以上。月一ゴルファー。アイアンはマッスルバック使用。

【Twitter】
ゴルフ関係を中心に呟き、フォロワー1000人超え(2020年5月現在)
お気軽にフォローして下さい!
アカウント⇒https://twitter.com/nagaremono12

【ブログ】
ノザ@ゴルフライターの公式ブログ(https://golfwriter-noza.com/)

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -