レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > ゴルフグリップ交換するならどこがお得!? 時期は? 費用は? 方法は?

コラム

ゴルフグリップ交換するならどこがお得!? 時期は? 費用は? 方法は?

ゴルフクラブのグリップは消耗品です。
ある程度使用すると、プレイに支障が出てくるので交換が必要になってきます。
グリップはどのくらいで交換するのが適当なのでしょうか?
また、その費用や方法はどうすればいいのでしょうか?

グリップを交換しないと何が起こるの?

グリップはゴムでできているので使用すると摩耗して擦り減りますし、気温、紫外線、手の汚れや汗などの影響でそのままにしているとどんどん劣化します。
このため、使用する頻度によって違いますが、2~3年で新しいグリップと交換した方がよいでしょう。
摩耗してつるつるになったグリップは摩擦力が弱くなっているので、無意識に過度な力でグリップを握ってしまっています。

手に必要以上に力が入っていると上半身に力が入り、スイングのフォームが乱れてしまいます。
フォームが乱れるということは、ボールの飛距離が出なかったり、コントロールができなかったりするので、スコアも確実に下がります。

一般的には40~50ラウンドほどの使用でグリップ交換するのがベストですが、全く使用していなくてもグリップは時間と共に確実に劣化していていきます。

グリップを交換するメリット

フィット感があがる

グリップを交換して新しいものになると、手に吸い付くようにグリップがフィットするので自然な力でスイングができるようになります。
握力に頼らずに体とクラブの一体感を得やすくなります。

飛距離にも影響する

もっと飛距離を出したい場合は、今よりも細めのグリップに交換しましょう。
そうすることで、今までより手首が自然に動きやすくなり、ヘッドスピードの向上が見込めます。

球筋をコントロールしやすくなる

手に馴染むグリップはボールの球筋をコントロールしやすくなります。
球筋が安定しないという人は、グリップが細いことで手首が動いてしまって不安定になっていることがあるので、太めのグリップに交換するとコントロールしやすくなります。

また、グリップ面の裏側についているバックラインが付いているグリップにするとフェースラインを一定にしやすくなり、さらにコントロールしやすくなります。

グリップ交換の費用 

自分で交換する場合

グリップ交換に必要な溶液や両面テープなどの道具があれば自分でグリップ交換もできます。
道具は1000円くらいで購入できますし、ネット動画などで交換方法もたくさん紹介されているので器用な人は自分で交換することは十分可能です。

お店に頼む場合

グリップ交換をお店に頼む場合、グリップ本体をその店で買ったものに交換してもらうのか、ネットショップなどで買ったものを店に持ち込んで交換してもらうのかによって、交換料金が変わってきます。
一般的に、その店で購入したものと交換する場合の工賃は低く、持ち込みするものと交換する場合、工賃は割高になっています。
店によってはグリップを購入してくれた場合、工賃は無料というところもあります。

グリップ交換をしてくれるお店3店舗比較

 つるやゴルフパートナーゴルフ5
会員つるや楽天 ポイント
カード会員は交換無料
一部無料アルペンカード会員162円
(クイック仕上げ270円)
非会員グリップ抜き300円、
グリップ装着300円
324円324円
(クイック仕上げ540円)
日数4日翌日2~5日
(クイック仕上げは当日)

つるや

つるやのグリップ交換はつるや楽天ポイントカード会員(登録料・会費無料)であれば、つるやで購入したグリップの交換は無料で行ってくれます。
しかし、ポイントカード会員でない場合は、グリップ抜き300円、グリップ装着300円、計600円の費用でグリップ交換してくれます。
修理にかかる日数は4日間です。

ゴルフパートナー

ゴルフパートナーは会員登録が無料ですし、会員になっていればグリップ交換の工賃が一部無料になるなどの特典があります。
グリップ交換の即日仕上げは受け付けていませんが、受け付けた日の翌日にはクラブが戻ってきます。
会員登録していない場合のグリップ交換工賃は324円ですが、会員の場合は基本的に工賃が無料になります。
ただし、店によっては工賃が発生するところもありますので事前に確認しておくようにしましょう。

ゴルフ5

ゴルフ5では、グリップ交換をその日のうちに行ってくれるクイック仕上げと2~5日ほどの日数を要する通常仕上げがあります。
また、アルペンカード会員と非会員とでもグリップ交換の料金が変わってきます。
クイック仕上げの場合、アルペンカード会員は270円、非会員は540円の工賃がかかります。
また、通常仕上げの場合、アルペンカード会員は162円、非会員は324円の工賃がかかります。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード