レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > ゴルフ初心者がしやすい間違いマナーと正しいマナー

コラム

ゴルフ初心者がしやすい間違いマナーと正しいマナー

ゴルフは紳士淑女のスポーツと言われています。
現在では、ひと昔前ほど、厳しいマナーは存在しませんが、やはり他のスポーツと比べ、抑えておきたいマナーはたくさんあります。
そんなゴルフのマナーを初心者の目線に立って、優しく分かりやすく、解説していきましょう。
今回は、初心者が間違いやすいと言われているマナーを中心に、紹介していきますね。

基本的な服装マナーとプレー時の心得

初心者から必要となる服装とプレー中の心得について見ていくことにしましょう。

服装のマナー

入場時の服装のマナー

クラブハウスには、それぞれドレスコードが設定されています。
これからラウンドするので、プレーするときのウェアで出かけたくなりますが、これは基本的にタブーです。
夏はポロシャツにチノパン、冬はシャツスタイルにジャケットとスラックス、寒い日はコートをはおり、きちんとした格好で入場しましょう。
靴も革靴が常識です。
スニーカー、サンダル、ヒールなどでの入場は禁止となっていますので、注意しましょう。
最近では、ウェアでのゴルフクラブへの入場をOKとしているゴルフ場もあるようですが、名門と呼ばれるところでは、厳しく入場時の服装を制限していますので、不安を覚える場合には、事前にドレスコードをしっかり確認しておきましょう。

プレー時の服装のマナー

男女ともにゴルフウェア、ゴルフシューズなら、すべてOKです。
それ以外のものであれば、上は襟付きや冬場はハイネックなどを着用し、ズボンはチノパンやスラックスを着用しましょう。
Tシャツやデニム、パーカー、半ズボンはマナーに反するので、注意しましょう。
上着はすべてパンツの中に入れ、ベルトも着用するのがマナーです。

帽子やサングラスは外して入場しよう

プレー中にOKとされている帽子やサングラスですが、クラブハウスに入場する時、例えばプレーを終えた後、休憩の際にクラブハウス内のレストランを利用する時などは、外して室内に入るのがマナーです。
プレー後は、つい着用したまま、室内に入ってしまいそうになりますが、必ず帽子を脱ぎ、サングラスを外して室内に入るようにしましょう。

プレー時の心得とは?

ゴルフはプレーの時にも様々なマナーがあります。
初心者でマナーを知らなかったからといって、自由にプレーして良いと言うわけではありません。
初心者が、始めに頭に入れておくべき心得について、紹介していくことにしましょう。

他のプレーヤーに気配りを

皆がプレーを楽しめるよう、心配りをすることもゴルフを行う上での大切なマナーです。
人が打とうとしている時に騒いだり、動いたり、音をたてたりしてはいけませんし、誰かがロストボールを探している時は一緒に手を貸してあげるなど、紳士として恥じない行動を心掛けるようにしましょう。

プレーファースト

ゴルフではプレーファーストがマナーです。
プレーファーストとは、プレーの進行を最優先に考えることです。
ホールアウト後、クラブを片付けていたり、スコアを付けていたりすると、次の方の迷惑となりますので、これもタブーです。
プレーファーストを心掛けるようにしましょう。

プレー上のマナー

スロープレーに注意

コースデビュー間もない頃は、まだスイングも定まっていないため、打つまでに時間がかかることもしばしばあります。
また、打数も多いため、どうしてもプレー進行が遅れてしまいがちです。
こうした遅れは後続者の迷惑となります。
スムーズにコースを回ることができるよう、素早く行動するようにしましょう。

コースを傷つけない

すべてのプレーヤーが公平なコンディションで楽しくプレーできるよう、コースを傷つけないこともゴルフではマナーの一つとなります。
クラブなどで芝を傷つけてしまった場合には、芝を元に戻し目土できちんと元の状態に戻すことを心掛けましょう。

バンカーでのマナー

バンカーの入退場は、できるだけ足跡を残さないことがマナーです。
足跡ができてしまった場合には、レーキで均すことも忘れないようにしましょう。
レーキの歯がある部分で均等にし、歯のない部分で平らに整えるようにしましょう。
ただし、均した後ボールがまた戻ってきてしまうこともあり、その場合は2打罰となりますので、ボールが完全に出たことを確認した上で、レーキを使うようにしましょう。

グリーン上でのマナー

グリーン上では、絶対に走らないようにしましょう。
また、他人のラインを踏むことも2打罰となりますので、注意しましょう。
ボールマークを付けてしまったら、その跡を直すこともマナーです。
同じ組のプレーがすべて終了してから、グリーンフォークを使って修復するようにしましょう。

絶対ダメ!避けたいゴルフマナーの失敗

マナーを守ってプレーすべきゴルフとは言え、初心者にとって失敗はつきものです。
しかし、どうしても忘れてはいけないマナー違反があります。
それが打ち込みです。
前でプレーしている方がいるにもかかわらず、ボールを打ってしまうことを、打ち込みと言いますが、この行為は前組の安全を脅かすことになり、危険な行為となりますので、例えワザとではなくてもいけません。

必ず前方を確認し、ボールが届かない距離に前方の方が移動してからプレーするのが鉄則です。
また、石や砂利、小枝なども飛ばしてしまうことがありますので、打つ前によく確認を行うようにしましょう。
打ったボールが誰かに当たってしまう可能性がある時には、「フォーアー」と大きな声で警告を促しましょう。

万が一打ち込みを行ってしまった場合には、すぐに謝りに行くのもマナーです。
そのままにしておくとトラブルに発展してしまうこともありますので、問題が大きくなる前にしっかり謝罪するようにしましょう。
自分たち以外のプレーヤーのことも考え、プレーするのがゴルフです。
最低限のマナーを心得て、ゴルフを思いっきり楽しみましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード