レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > スニーカーはあり?絶対外さない、ゴルフ初心者の為のゴルフ場服装ガイド

コラム

スニーカーはあり?絶対外さない、ゴルフ初心者の為のゴルフ場服装ガイド

初めてゴルフ場に行くときや初心者の方は、ゴルフに適切な服装がどんなものか心配になってしまうこともあるかもしれません。

ゴルフにはプレーヤーの立ち振る舞いやマナーなど、知らないと恥ずかしい思いをしていまうことがいくつかあります。

例えば、服装もそのひとつ。そんな思いをしないためにも、ゴルフに行くときの服装について詳しくみていきましょう。

基本的な服装のマナー

ゴルフは大人(紳士)のスポーツですので、服装には気を使う必要があります。しかし、最近ではほとんどのゴルフ場でそこまで厳しいドレスコードがあるわけではありません。

基本が抑えられている服装であれば男女共に自由度も高く、肩肘を張る必要はないですが、最低限のルールだけは抑えておきましょう。

男女共通の服装の基本

男女共にゴルフを実際にプレイする場合の服装として、トップスは襟付き袖付きのシャツです。迷ったらポロシャツにしておけば特に問題ありません。長袖でも半袖でも大丈夫です。また、ボトムスも男女共通でロングパンツが一番無難です。

スラックスでなくてもチノパンでほとんどのゴルフ場はOKとなっていますので、男女共にトップスはポロシャツ、ボトムスはチノパンにしておくと、とりあえずOKです。これならば最初はわざわざゴルフ専用のゴルフウェアを揃えなくても、既に持っているアイテムの中から十分ゴルフウェアとして着ていくことが出来ます。

ただし、靴はゴルフ専用のシューズを用意してください。ゴルフシューズにも様々な種類がありますが、初心者にはソフトシューズタイプでスニーカーの様なゴルフシューズが使いやすいです。

男女共通の服装のNGは?

ゴルフだけが何も特別なスポーツではありません。しかし、ある一定のマナーを守るということは必要で、NGな服装というものが存在します。

例えば、TシャツにGパンや短パン、ジャージにトレーナー、スリッパ、サンダルというあまりラフすぎる格好はNGです。また、露出が高いタンクトップなども避けてください。NGな服装はありますが、大切なことは“カジュアルすぎない”ということです。

ゴルフ場でのロッカールームの基本

ゴルフ場では到着から帰宅まで、いつどのような服装でいるのかの流れがあります。基本を抑えておきましょう。

ゴルフ場に行きクラブハウスで受付時にキャリーバックを預けてボストンバックだけを持ち、ロッカールームでプレイ用の服装に着替えます。

プレイ後はシャワーを浴びてゴルフ場についた時の服装に着替え、チェックアウトをして帰ります。

最近のゴルフ場では最初からゴルフウェアを着て行ってもOKのところも多くなりましたが、その際はジャケット着用をルールとしているところもありますので心配な場合は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

プレイする時の服装 ~男性編~

プレイする時の服装 ~男性編~

プレイする時の服装について気をつける点を、まずは男性の場合から確認しておきましょう。

トップスは襟付きのシャツ

ゴルフをする場合、トップスは基本的に襟付きのシャツです。襟がないTシャツやタンクトップは好ましくありません。

ゴルフ場によってはドレスコードがはっきり決められているところもあり、好ましくない服装だと判断された場合はプレイができないこともあります。

襟付きシャツなのでポロシャツでも大丈夫です。堅苦しく考える必要はありません。夏などは速乾性のある素材だと汗をかいても乾きやすくていいでしょう。

シャツの裾はパンツの中に入れて、きちんとベルトをしておきましょう。

ボトムス

ボトムスの基本はロングタイプのパンツです。ゴルフ用のパンツは伸縮性のあるストレッチタイプのものが多くあり、動きやすいのでプレイしやすくなっています。チノパンで対応しても大丈夫です。

また多くのゴルフ場では短パンはOKとなっていますので、夏場は男性でも膝丈くらいの短パンでプレイする人を良く見かけます。

しかし、短パンであっても靴下を履くことが基本です。基本はくるぶしまでの靴下でOKですが、ハイソックスでないとNGというゴルフ場もありますので、事前に問い合わせるか、ホームページで確認しておくと良いでしょう。

ゴルフシューズ

ゴルフシューズにはスパイクが付いています。これは、足の裏で地面をしっかりと掴んでショットするためです。

スパイクがないタイプのものもありますが、初心者はスパイクが付いているタイプで軽くて蒸れない、防水性の高い機能的なものを選ぶと良いでしょう。

スニーカーの様なものもありますし、革靴タイプもありますが、初心者はスニーカータイプのものが履き心地もよく、使いやすいです。色などは特に決まりがありませんので派手なものでも大丈夫です。

帽子

ゴルフ場では1日中紫外線を浴びることになりますし、暑い日もありますので帽子は被った方が良いでしょう。帽子の着用を義務付けしているゴルフクラブもあります。

帽子の種類は季節や気温などを考えて自由にして良いと思います。キャップでも、ハンチングハットでも、ニット帽でもサンバイザーでも問題ありません。

これは男性に多いのですが、汗をたくさんかくからと汗拭き用のタオルを首に巻くのはNGです。汗拭き用のタオルは首に巻かずに、すぐに取り出せるところに入れておくか、フックで吊るしておくようにしましょう。

ゴルフ場に行くときの服装 ~男性編~

ゴルフ場に行くときの服装は、場所によってルールが様々です。男性の場合から確認しておきましょう。

ジャケットについて

ゴルフ場のクラブハウス入場の時は基本的にはジャケット着用であることがルールですが、ジャケットを着ていなくても普通に出入りができるクラブもたくさんあります。

ロッカールームで着替えるのが面倒だという人はゴルフウェアを着てジャケットを上から着ていくという人もいます。帰りはゴルフウェアから着替えて帰ることが多いです。

また、暑い季節などはジャケットを着る必要がないとするところもあります。ドレスコードはゴルフ場によって様々です。特に格式の高いゴルフ場に行く場合は、事前に入場時のドレスコードを確認しておくことが大切です。

靴について

入場時はゴルフウェアに着替えるのが面倒なのであらかじめ着用していくという人もいますが、ゴルフシューズはスパイクも付いているのでクラブハウスの床を歩くには不適切です。

このため、入退場時はゴルフシューズではない靴を履くのがルールです。

基本的には入退場時は革靴であれば問題ありませんが、スポーツシューズなどでもOKというゴルフ場がも増えています。しかし、サンダルやスリッパ、草履などはカジュアルすぎてNGということは知っておきましょう。

スニーカーについては、履いてよいコースと履くのはNGのコースがあります。というのも、入場時のドレスコードとして、スニーカーは禁止しますと明記しているところや、一方で触れていないコースもあるのです。

ですので、初めて行くコースの場合はスニーカーは控えた方が良いでしょう。

男性の服装の注意点

プレイ中の服装とクラブの建物の中での服装では、周りと違和感のないようにするのが最低限のマナーです。

GパンにTシャツにサンダルという格好は絶対にNGですが、それ以外はあまり難しく考える必要はありません。

分からなければ、チノパンにポロシャツに革靴(ゴルフシューズ)というドレスコードで充分です。ジャケットを持参していれば入場禁止になるようなゴルフクラブはまずありませんので安心してください。

ただし、本当にドレスコードが細かく決まっている格式のある会員性ゴルフクラブなどは事前にホームページなどでドレスコードを確認しましょう。

プレイする時の服装 ~女性編~

プレイする時の服装 ~女性編~

次に女性の場合のプレイする時の服装について、気をつける点を確認しておきましょう。

トップス

プレイする時の女性のゴルフウェアのトップスは男性と同じく、襟が付いているシャツで袖も付いていることがルールとなっています。

トップスも色々オシャレなものがありますが、ポロシャツなどで対応するのが一番無難です。冬は寒く紫外線が気になるという人も多いので、ハイネックやタートルネックの長袖を着ている人も良く見かけます。

また、女性用ウェアは多くの種類があるため、ワンピースタイプもOKな場合もあります。

ボトムス

女性の場合もボトムスはロングパンツが機能的には優れていると思います。

伸縮性のある素材ならば動きやすいですし、ゴルフ場は自然の中にあるため虫に刺されたり、植物に被れたりするのも防ぐことができます。紫外線などから皮膚を守るためにもロングパンツは便利です。

最近では女性のゴルフウェアもオシャレで機能性に優れたものも多くなっています。女子のプロゴルファーのウェアを見ていても非常にオシャレで可愛いデザインが多くありますよね。

スカートやキュロットやショートパンツなどバリエーションも豊富にありますが、プレイするにあたり露出の多いショート丈過ぎるスカートやショートパンツはNGとなりますので注意してください。ゴルフクラブによってその辺りのドレスコードには差があります。

シューズ

ゴルフシューズはゴルフのプレイを安定させるためにも専用のものを用意してください。

クラブによっては普通のスニーカーでも注意されないところもありますが、基本的にはグリーンを傷めないために、ソフトスパイクやスパイクレスタイプのゴルフシューズを履くことを勧めています。

帽子

日差しをカットして日焼けを防ぐためにも、帽子やサンバイザーの着用がおすすめです。

ゴルフクラブによっては帽子がなくても大丈夫なところもありますが、着用が義務づけされているところもありますので、注意しましょう。

帽子だけでなく、日焼け止めやサングラスでUV対策をしておくとプレイに集中できますね。

ゴルフ場に来るときの服装 ~女性編~

女性の場合、男性のようにジャケット着用というドレスコードは基本的にありません。

しかし、格式のあるゴルフクラブでは女性でも男性同様ジャケットが必ず必要なところもあります。目安としては、高級レストランに行っても問題なく入ることができる格好であれば問題ありません。

つまり、Gパン、Tシャツ、サンダルというスタイルや露出の多い服装は避けるべきです。また、靴はゴルフシューズではクラブハウス内を歩くと床を傷つけることもあるので、革靴か低めのパンプスなどが良いでしょう。

季節ごとの服装の応用(男女共通)

冬のゴルフ場は本当に寒いので防寒対策をしっかりすることが大切です。ドレスコードもありますが、気候による服装のアレンジは自由度が高いゴルフ場が多くなっています。

・ タートルネック
・ カーディガン
・ フリース
・ ダウンジャケット
・ ウィンドジャケット
・ ネックウォーマー
・ イヤーウォーマー

など、防寒機能を重視した服装に関しては、ほとんどのゴルフ場ではOKとされています。

夏のゴルフ場はかなり気温も湿度も高いため体調不良に見舞われる可能性もあります。服装に注意が必要です。暑いので半袖が一般的にはなりますが、速乾性のインナーを着ておく方が良いと思います。

また、通気性の良い長袖のトップスをきているほうが日焼けもしませんし、涼しいこともあります。ボトムスもロングパンツのほうが野外では良いですが、どうしても暑いという人はハーフパンツとソックスで対応しましょう。

まとめ

ゴルフ初心者の心配事のひとつがゴルフ場での服装です。

どんな服装をしていけばいいのか分からないと不安を持ってしまいますが、通常のゴルフ場ではポロシャツ、ロングパンツ、ゴルフシューズを着ていれば特に問題はありません。

Tシャツ、Gパン、サンダルというかなりカジュアルな服装でない限り、入場を断られるようなことはまずありませんし、初心者の場合は、同行者やゴルフ場に事前に服装の情報を聞いて用意しておくと安心です。

張り切って一気にゴルフウェアなどを揃えるのも良いですが、周りの人の様子を見てみたり、実際にゴルフ場に何回か行きながら、徐々にウェアなどを揃えていく方が失敗もありません。

服装にも気を配りながら、思う存分ゴルフを楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
人気キーワード