レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > アプローチは転がしで攻めるべき理由3選!ビックリする位ピンに寄るよ!

コラム

アプローチは転がしで攻めるべき理由3選!ビックリする位ピンに寄るよ!

こんにちわ!ノザ@ゴルフライターです。

最近残業ばかりで平日は速攻で寝てしまいます…。
お金は貯まるけど、38歳の貴重な時間が奪われていく。

お金はそれなりでプライベート優先したい派なので辛いっす。
働くお父さん達は偉い\(^o^)/

さて今回は、「アプローチは転がして攻めるべき理由」について説明していきます。

アプローチショットって皆さんどんな風にして打っています?

  1. 何にも考えてない
  2. もちろん転がし
  3. いやいや格好良いロブでしょ!

単純にアプローチと言ってもシュチエーションは沢山あります。

池越えなのか、ラフからなのか、逆目なのか順目なのか。

結果から言うと、池越えやバンカー以外からのアプローチなら「転がしが確実」です!

その理由について説明していきます。

アプローチは転がしが一番!ロブは格好良いけど難易度が高いのでダメ

アプローチは転がしが一番良い理由として、ミスショットが少ない打ち方だからです。

ゴルフはミスを消す勝負。
いかにミスしないかが鍵なんです。

イチかバチかのショットもスリルがあって楽しいですが、やっぱり始めはスコアを追いかけた方が良い。(結果が出ないとつまらなくなってしまうから…)

という事でアプローチでは一番ミスが出にくい、転がしが良いんです。

「ゴルフはゴロフ!」レジェンドである青木功プロの名言です(^^)/

よくロブショット気味(高い球)にフェースを開いて打つ人がいますが、正直リスキーです。

トップ(低いミスショット)する確率も上がるし、ダフる確率もグッとあがります。

フェースはしっかり目標に向けて、払い打ちをしてしっかり転がしましょう。

ビックリする程ピンに寄って行きますから!

1、払い打ちで転がせばダフりにくい

転がしが良い理由として、一番は「ダフるミスが激減する」が挙げられます。

実はアプローチのミスショットで一番多いのがダフりです。

普通に払い打てば、「線」で球をとらえる事ができるんですが、グリーンで球を止めようと打ち込むと「点」で球をとらえるのでダフってしまう。

  • 払い打ち=線でとらえる
  • 打ち込む=点でとらえる

どちらがミスに強いかは一目瞭然ですよね。

ぜひ線でとらえる払い打ち、転がしでピンを狙いましょう。

ちなみに払い打ちのやり方ですが、イントウインの軌道(横振り)を意識するだけで打てます。

インサイドにクラブを上げて、フォローでは左にクラブを振っていくようなイメージです。

2、距離感は番手を変えるだけ

アプローチは当然10ヤードもあれば50ヤードもあります。

これをサンドウェッジ1本でやるとなると、振り幅やヘッドスピードを変えなければならない。

これがミスジャッジでして、特にヘッドスピードを変えるのはかなり危険。

なので残り距離に応じて、番手を替えていきましょう。

サンドウェッジ→アプローチウェッジ→ピッチング→9番アイアン→8番アイアン

といった感じで、番手が低くなる毎にロフトが立ち転がりやすくなります。

50ヤードだからってサンドウェッジで振り幅を大きくして打つより、8番アイアンでいつもの打ち方をすれば「スイングの再現性」も高まって寄る確率が上がります。

クラブを替える事で、「いつものスイング幅」で、「番手を替えるだけ」で距離別に打てるので楽に打てるんです!

3、上げる球より難易度は低い

上記でもチラッと書きましたが、アプローチを打つには「転がし」か「ロブ」しかありません。

この2つの内、ピンに寄る確率が高いのは転がしです。

それは単純に、ロブが難しいからです。

点で球をとらえなきゃいけない+フェースを開くのでバウンス(クラブを寝かせた時に1番最初に当たる部分)でクラブが跳ねて、リーディングエッジ(歯)で球を打ってしまうから。

いわゆるトップというミスショットです。

低空で果てしなく飛んでいく最悪のミスです。

ダフりとトップという2大ミスがロブには隠れているんです。
これはアプローチは基本ショートで、たまにトップしてしまうって人の典型です。

ですので、ロブは諦めてしっかりと転がしましょう。

ちなみにこの話とは別に…ロブは絶対覚えておいた方が良いです。

池越えやバンカー越えは確実にロブショットが必要になりますし、バンカーショットも理屈で言えばロブみたいなものですから。

ただそういうライじゃないなら、ロブを多用しない方がスコアは良くなるよって話です。

まとめ・アプローチは転がせて得意になろう

という事でまとめます!

【アプローチは転がしが良い3つの理由】

  1. 転がしはダフりにくい
  2. 距離感はスイングそのままで番手を替えるだけ
  3. 転がしの方が難易度が低い

以上になります。

冒頭でも書きましたが、ゴルフは如何にミスをしないかを競うゲームです。

こだわる人はこだわって良いと思うんです。今回で言えば、「いや俺は難易度が高くてもロブで寄せたいんだ!」という人は、それはそれで素晴らしい。

僕だってあえて難しいマッスルバックアイアンを使ってますし…。

ただとにかくスコアが出したい!って人や100切りを達成してない方は、転がしを選びましょう。

ダフりが減り、トップが減りって簡単に寄っていく。
それが転がしです。

ぜひラウンドでお試しあれ!

それではまた!

この記事を書いた人

ノザ@ゴルフライター
ノザ@ゴルフライター

埼玉県在住の【本業サラリーマン、副業ゴルフライター】として活動。自分のブログも含めて累計500記事以上執筆。ゴルフ歴は10年以上。月一ゴルファー。アイアンはマッスルバック使用。

【Twitter】
ゴルフ関係を中心に呟き、フォロワー1000人超え(2020年5月現在)
お気軽にフォローして下さい!
アカウント⇒https://twitter.com/nagaremono12

【ブログ】
ノザ@ゴルフライターの公式ブログ(https://golfwriter-noza.com/)

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -