レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 一人だけでゴルフをする3つの方法

コラム

一人だけでゴルフをする3つの方法

1人でゴルフをしたい!

通常、仲間を3、4人誘ってラウンドするのがゴルフのスタイルです。しかし、「自分がプレーしたい時に限って、仲間が誰も行けない」「打ちっぱなしじゃなく、コースを回りたいのにメンツが集まらない」ということもありますよね。そんなこともあり、最近ではゴルフ事情も大きく変化しています。「周りに関係なく、自分のペースでゴルフができる」「やりたいと思った時にラウンドできる」そんな夢のような、お一人様ゴルフが可能になってきています。ここでは、そんなお一人様ゴルフ事情を詳しく紹介していくことにしましょう。

一人だけでゴルフをする方法はあるの?

会社仲間や友人などとゴルフをする場合、お互いの日程を決めた上でゴルフ場を予約し、待ち合わせ時間や迎え場所の相談や帰りの都合を聞くなど調整のための作業が必要になります。
自分がラウンドしたい時にプレーするのではなく、半強制的にゴルフをすることも多いため、本来のゴルフの楽しみが半減してしまうこともあるのだとか。
また、互いの事情によっては急に予定がキャンセルになることもあり、空いた人数を集めることが難しい時は、せっかくの休日が、がら空きになってしまうことも少なくありません。
少ない人数でラウンドすることもできますが、割高になることも多いですよね。
何となく損した気分になってしまうものです。

もし、一人でラウンドすることができれば、そんな煩わしさもなくなり、純粋にゴルフを楽しむことができそうですよね。
実はそんな一人ゴルフは、いくつか存在します。たった一人で、好きな時に好きなだけゴルフを楽しむ方法があるのです。
次からはそんな一人ゴルフの方法について紹介していくことにしましょう。

一人でゴルフを回る3つの方法

一人でラウンドする方法は3つあります。
その一つが、事前予約で一人受付可能なゴルフ場に申し込む方法です。
この方法は、一人ゴルフとは言っても、全く一人きりで回る訳ではなく、同じ事情の方達と共にラウンドするものになります。
ビジターでもネット予約を受け付けている所も多いため、気軽に参加できるのもメリットです。予約は各ゴルフ場の取り決めによって異なりますが、色々なゴルフ場でラウンドできるのも魅力です。
そのゴルフ場によっては、3名しか集まらない場合には追加料金が発生したり、キャンセル扱いとなったり、電話予約の方と組む場合もありますので、各ゴルフ場の詳細を確認した上で申し込むことが大切です。
ゴルフ予約サイトなどから申し込むこともできます。

二つ目はオープンコンペに参加する方法です。
オープンコンペの中には一人での参加を受け付けているものもたくさんあるので、そうした形式で一人ゴルフを楽しむ方法があります。
ネット予約などで受け付けていることも多いので、手軽に申し込めますが、競技としてゴルフをすることが苦手という方には向いている方法とは言えません。

三つ目は、一人プレー可能なゴルフ場に直接出向く方法です。
プレーヤーの中には、一人でプレーしたい方もいるため、そうした方同士をカップリングしてくれる場合があります。
ゴルフ場の会員向けのサービスという場合も多く、会員権に似た友の会入会でラウンドできることもあります。
まずは空き状況などゴルフ場に問い合わせてみるのがおすすめです。
会員でない方や友の会に入会していない方が希望しても受け付けてもらえないこともありますので、注意しましょう。
会員でない方や友の会に入会していない方が希望しても受け付けてもらえないこともありますので、注意しましょう。

一人ゴルフは誰と回るの?

一人ゴルフを申し込んだ場合、知らない方々と共にプレーすることになります。
ゴルフ場に直接出向く場合には、会員、友の会のメンバー同士が組むケースが多くなっています。
一方、事前予約サイトを利用した一人ゴルフでは、ネット予約サイトを利用している方同士で回ることになります。
予約サイトでは、回るプレーヤー各々のプロフィールが画面で確認できるものが多く、始めはどんな方と組むのか不安で、申し込む際も勇気が必要です。
しかし、何回か参加しているうちに顔見知りになることもあり、全く知らない方ばかりではなくなるケースも珍しくありません。
一度ラウンドした方と再び回ることも可能になってきます。
レベルや年齢、性別で検索できるため、自分の好きな組のラウンドを選べる自由度も魅力です。

予約サイトで1人で回る方法と注意点

予約サイトを利用するためには、まず会員登録が必要となります。
メールアドレスやユーザID、パスワードなどを設定し、連絡のために個人情報の登録も必要になってきます。
ただし、こうした個人情報はサイト側で管理されていますので、安心して利用できます。
次に、検索項目を選択していきます。プレーしたいエリアやゴルフ場を選び、プレー日、希望料金、スタート時間、プレーするスタイルを選びます。
一緒にプレーしたい方も検索欄に条件付けすることができますので、同じレベルの方と組みたいという場合なども活用できます。
申し込みが終われば、直接ゴルフ場に出向くだけです。
プレーヤー同士初対面ですが、自己紹介などをした後、共にラウンドすることになります。

予約の際には以下の点に気を付けてみると良いでしょう。
3名以上で開催されることの多いネット予約の一人ゴルフですが、一度成立した予約をキャンセルすることはタブーとされています。
人数が集まらない場合プレーすることができなくなり、一緒に回るはずだったプレーヤーだけでなく、ゴルフ場側にも迷惑が掛かってしまいます。
できるだけキャンセルしなくて済むよう、本当に参加できる日に予約を入れるようにしましょう。
また、自分自身のスコアも正しく知らせておくことが大切です。プロフィールの内容を見て同じレベルの方とのラウンドを決めたのに、全く違っていては相手も動揺してしまいます。
スコアは高すぎても、低すぎても良くありません。
正確なスコアを申告するようにしましょう。

また、当日一人ゴルフをする上での注意点は、互いが気持ちよくプレーできるようルールやマナーを押さえておくことです。
初心者であっても、アドレス中に声を出さない、パットのラインを踏まないなどの最低限のルール、マナーはしっかり勉強しておくようにしましょう。
また、初対面同士ですので、あいさつを交わす、集合時間を守るなど社会人としての常識も徹底しておいた方が良いでしょう。
スロープレーにならないよう、プレーに集中することも大切です。

まとめ

一人ゴルフは自分のプレーしたい時に、いつでもラウンドできるというメリットがあります。友人や知人、会社仲間と予定が合いにくい方にとっては、気軽にゴルフを楽しめるのも魅力です。
打ちっぱなしと違い、実戦型の練習にもなりますし、ラウンドを通じてゴルフ好きの仲間ができる点も嬉しい限りです。
一人ゴルフを思いっきり楽しむためにも、ゴルフのルールやマナーだけでなく、社会人としての常識を踏まえたプレー、行動を心掛けるようにしましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -