レジャーゴルフ【Caddy】 > レッスン > 何から始めたらいいのかさえ分からない!ゴルフ初心者のための練習方法

レッスン

何から始めたらいいのかさえ分からない!ゴルフ初心者のための練習方法

「早く上達したい」ゴルフ初心者なら誰もがそう思うことでしょう。
しかし、気持ちとは裏腹に、何から手を付ければいいのか分からないという方も多いと思います。
初心者にとって、一番大切なのは、効率よく腕前をアップできる練習方法です。
どんな練習をすれば、早くゴルフを上達することができるのでしょうか?

ゴルフ初心者が、まず覚えるべき基本の握り方・姿勢

ゴルフ初心者がまず覚えてほしいのがグリップの握り方です。
グリップ一つでスコアや飛距離が変動しますので、大切なポイントと言えます。
基本的なグリップの方法は、右利きの方を例として挙げると、左手の形は同一ですが、右手の添え方で大きく3つに分類できます。

基本となる握り方

右利きの方の場合、まず左手からクラブを握るのが基本です。
上半身の力を抜いて左手の親指以外の付け根辺りでクラブを支えます。
右手は中指、薬指、小指でクラブを握り、人差し指と親指は軽く添えるのが基本の握り方となります。
握り方のスタイルよって小指の位置が若干変わってきますので、自分のベストグリップを見つけていきましょう。

オーバーラッピング

右手の小指の位置を左手の人差し指と中指の上に乗せる握り方です。
右手の感覚がスイングの際に伝わりやすいため、誰でも簡単にスイングできます。
一番ポピュラーな握り方となっています。

インターロッキング

右手の小指を左手の人差し指と中指の間に入れる握り方です。
オーバーラッピングとは違い両手の力のバランスが整うため、ボールコントロールに優れた握り方です。
腕力がありすぎる方や手の小さな方に向いている握り方です。

ベースボール

野球でバットを握るのと同じように、右手を左手に重ねず10本の指で支える握り方です。
10本でクラブを握ることから、別名テンフィンガーと呼ばれることもあります。
クラブをしっかりと握ることができるため、力を上手に伝えスイングすることができるので、飛距離が出やすい握り方です。
腕力のない方に向いています。

姿勢

グリップをマスターできたら、次はアドレスの姿勢をマスターしましょう。
ゴルフは思った以上にアドレスが大きな影響を与えます。
姿勢が正しくないと、スイングしても力が上手くボールに伝わりません。
まずは、ボールに向かって、まっすぐ前を向き、両足を肩幅より少し狭く開きます。
そしてお尻を突き出さず、ゆっくり体全体が前に倒れる感覚で前傾姿勢をとり、両膝を軽く曲げます。
次に、力を抜いた状態で両手を前に垂らした位置が正しい腕の角度となりますので、右手を左手よりも掌一つ分下げた状態でクラブを握ります。
これが基本姿勢です。
足裏でバランスの取れる位置を見つけ、内またに力を入れる感じで踏ん張れば姿勢の完成です。

ゴルフ初心者のための基本のスイング

スイングの基本は、細かくバックスイングとトップスイング、ダウンスイング、インパクトに分けて説明していきましょう。

バックスイング

クラブを後ろに振り上げていく動作をバックスイングと言いますが、この時大切となるのが体の軸を動かさないことです。
体の軸を動かしてしまうとボールが曲がって飛んでしまうので、そこに重点を置いてクラブを振り上げていきましょう。
頭の位置を変えないよう注意しましょう。
右肩を引く感じでバックスイングすると、後ろ方向にクラブが上がりやすくなります。
初心者のうちはバックスイングを大きく振り上げないよう心掛けましょう。
加わる力は少なくなりますが、インパクトまで正確な姿勢でスイングすることができるため、ミスショットが軽減されます。

トップスイング

トップスイングとはクラブを最大に引き上げた状態の姿勢を指します。
正しい基本姿勢は、左肩が右足の上、あごの下にくることです。
体の軸がぶれていなければ、このスタンスとなりますので、正しい姿勢になっているか確認してみましょう。

ダウンスイング

引き上げたクラブを球に向かって打ち込む姿勢がダウンスイングです。
この時大切となるのが、やはり軸を安定させることです。
打ち込む気持ちが優先すると体が前やボール側に動いてしまい左に重心が先に動いてしまいがちですが、そこをじっと我慢しましょう。
左ひざを元のアドレスに戻す感覚で振り下ろすと、軸がぶれることなく理想的な体重移動ができます。

インパクト

ボールに当たる瞬間がインパクトです。
この瞬間で、ボールの飛距離が決まってきます。
インパクトで大切なことは、最大速度でクラブヘッドをボールに当てることです。
初心者の場合ダウンスイング中に最大加速を迎えてしまうことも多いので、ハンドファーストを意識しましょう。
ボールよりも両手をわずかだけ前に出すことを意識して、インパクトを迎えましょう。
上手くいかない場合には、ボールの位置が実際より前にあると想定し、思いっきりクラブを振り上げることを意識してみると良いでしょう。

ゴルフ超初心者さんの為の練習法!まずはここから!

初心者の練習方法として大切なことは、基本をしっかりマスターさせることです。
ここを中途半端にスルーしてしまうと、その後の上達は見込めなくなります。
スイングの基本を身に付ける前に、練習場などで球をたくさん打ってしまうと、体が間違った形を覚えてしまうため、修復するのも難しくなってしまいます。
まずは、正しいスイングをマスターする練習から始めましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

Caddy編集部です。初心者軍団ですが楽しんでゴルフとサイト運営を行っていきたいと思います。

スポンサードリンク
レッスンの関連記事
人気記事
人気キーワード