レジャーゴルフ【Caddy】 > レッスン > 帽子や雨合羽は必須?中止やキャンセル?雨の日ゴルフ完全マニュアル

レッスン

帽子や雨合羽は必須?中止やキャンセル?雨の日ゴルフ完全マニュアル


ゴルフは自然の中で楽しむスポーツです。そのため、運悪く、天候に恵まれないこともしばしばあります。雨が降ってしまった場合の準備や服装をはじめ、雨の日のゴルフについて色々紹介していくことにしましょう。

雨の日のゴルフの持ち物

ゴルフは、屋外で楽しむスポーツ。ですが、雨が降ったからといって、必ずプレーが中止になるわけではありません。予定していた日が雨だったり、突然の雨に見舞われたりする可能性があります。そんな雨の日のゴルフに、何を準備しておけば良いのか?初心者の方は、特に悩んでしまうのでないでしょうか?そんな方の為に、雨の日のゴルフに役立つ便利グッズを紹介していきましょう。

雨合羽

雨の日に役立つアイテムと言えば、やはり雨合羽です。ゴルフ用の雨合羽って、値段と機能が比例するのをご存知ですか?雨合羽には、動くことを考えて、ストレッチ機能や着脱のしやすさにこだわった商品や、耐水・撥水性、通気性にこだわった高機能設計の商品などがあります。ですから、あまり使う機会がないだろうと、値段だけで判断して購入するのではなく、メーカーごとに異なる性能を理解したうえで、ご自身に合った雨合羽を購入してみると良いでしょう。

レイン用帽子

また、レイン用帽子も必須です。頭部や顔に雨を直接受ければ、視界の妨げや体温低下といった影響を受けます。ですから、雨と疑われるような日は、『レイン用のキャップ』を被るようにしてくださいね。それから、雨で濡れたグローブとグリップはとても滑りやすくなります。

タオル用帽子

タオルをいつも以上に用意しておくとよいでしょう。クラブが飛んで行かないよう、ショット直前に手やグリップの水分を拭き取ったり、泥や草を拭いたりするのに役立ちます。

グローブ

雨の日用グローブといった商品もありますが、長時間の雨に耐え切れず、プレー中雨が染み込んで困ったといったこともあるようなので、できれば替えのグローブを何枚か用意しておくほうが良いでしょう。他にも、靴・靴下の防水機能付きの商品も販売されています。雨用に一足用意しておくと、とても役立ちます。

雨の日のゴルフの服装


雨の日のゴルフには、雨合羽が必需品であることは先ほどお話ししましたが、雨合羽の下に何を着れば良いか?ということも疑問に思われる方もいるのではないでしょうか?『雨の日のゴルフの服装』について様々な疑問に焦点を当てて、ここでは紹介していくことにしましょう。

女性の場合

ラウンドの途中から雨が上がり、雨合羽が必要でなくなったり、前半終了後、昼食を取ったりする場合は、雨合羽を脱ぐ必要があります。ですからゴルフマナーとしては、雨合羽を直接着るのは避けなければいけません。夏場に雨合羽ともなれば、かなり蒸れやすく、不快な思いをしたという方も多いと思います。近頃は、速乾性や涼感などと謳った優れた商品が色々なメーカーから販売されています。そのような夏場の対策として例えば、スカートの中に速乾性のあるレギンスを着用したり、ワンピース型の雨合羽などを着用してみたりすることもあるようです。

男性の場合

男性の場合は、ゴルフ用のコンプレッションウェアーの着用をお勧めします。また、袖が着脱できる半袖タイプの雨合羽もあります。また、冬場であれば、保温性や発熱機能に優れたインナーや、耐久撥水素材のダウンベストなどを着込み対策されてみても良いでしょう。

雨の日は特に工夫が必要です。ですがどのみち雨の日は必ず濡れます。その日の雨の状況にもよりますが、天候が雨であれば必ずハーフターンで着替える準備はしておくべきでしょう。このような工夫をしながら、雨の日のゴルフも楽しんでみて下さいね。

雨の日でも楽しく!スコアを落とさないコツ


雨という悪条件の中、スコアを落としやすいゴルファーも少なくないことしょうか?せっかくのラウンドなのに、雨というだけでも気分が下がってしまいますよね。そんな雨が苦手なゴルファー必見。『雨の日でも楽しく、雨の日でもスコアを落とさないコツ』を紹介していきましょう。

いつも以上にプレーのリズムをゆっくり保つよう心がけること。

雨の日は、ルーティンやスイングなど、全ての動作が速くなるゴルファーが多いのです。普段のプレーリズムを崩すことがミスを増やす原因になっています。ですから、『雨の日=プレーのリズムを意識する』ことを心得ておきましょう。

ゴルフクラブに付いた雨をしっかり拭き取ること。

グリップに雨を含むと、滑りやすくなります。滑りやすいグリップを握るのに、いつも以上に力が入りミスショットが増えるといった悪循環を生み出さない為にも、雨を拭き取る作業はこまめに行いましょう。

雨に濡れたボールは、泥や芝が付着しやすくなるということ。

泥が付いたボールで打つと、曲がりやすく、飛距離が落ちることを覚えておきましょう。基本ルールとして、グリーン以外にあるボールの泥などを拭き取る行為は違反です。ですから、番手を一つ上げ、長めのクラブでコンパクトに打つよう心がけましょう。ただし、カジュアルウォーターといわれる異常なグラウンド状態の場合は、例外です。救済を受けることができますので、決して水溜りの中にあるボールを打たず、打てる場所にドロップしてからショットして下さいね。

これらのことを心がけていれば、ミスも減り、スコアも落としにくくなるはずです。そうなれば、雨の日ゴルフが苦手なゴルファーでも、雨の日ゴルフを楽しめようになるはずです。

中止の場合はどうする?中止の基準とタイミングやキャンセル料の相場

キャンセルのタイミングはいつまで?

ゴルフには、天候による中止の基準がありません。クローズに関しては、ゴルフ場の判断で決められています。ですから、クローズでない限り、基本ゴルフ場ではキャンセル料金が発生すると心得ておきましょう。しかし、かなりの土砂降りでもクローズにならないゴルフ場がある反面、平日予約のキャンセル料金が無料だったり、台風などの悪天候を懸念してキャンセル料金が無料だったりするゴルフ場もあります。当日の雨の状況をみて判断することもあると思いますが、タイミングとしては、できれば三日前までにはゴルフ場へキャンセルの連絡を入れておくのがマナーとされています。

キャンセル料はかかるの?

気になるキャンセル料金ですが、以前はキャンセル代が当たり前のように徴収されていましたが、最近ではそういった事情が変わりつつあります。土日祝の人気のコースや人口や予約数の多い関東圏などではキャンセル料を設けていることも多いですが、キャンセル料金が発生しないゴルフ場も増えています。

平均のキャンセル料は?

コースによって異なったり、メンバーかビジターかによっても条件が変わったりしますが、キャンセル料金の平均は1000円~3000円といったところが目立ちます。このように、ゴルフ場によって判断条件やキャンセル料金が異なりますから、予約した日の天候が気になる場合は、必ず事前にゴルフ場へ問い合わせをして、確認してみることが大切です。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
レッスンの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード