レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 【左足上がりの打ち方】球は左に出やすいから計算して打つべし!

コラム

【左足上がりの打ち方】球は左に出やすいから計算して打つべし!

どうも!ゴルフライターのノザです!

相変わらずキャンプにハマっていまして、先月とか10万ぶっ飛びました。

いや本当キャンプ沼って言われてる理由が分かる。

何でもかんでも欲しいっす…。

さて今回は「左足上がりのライからの打ち方」を紹介します。

(※ライとは「打つ環境」の意味。難しいライ、優しいライという表現で使う)

知っての通り、ゴルフは平らな場所で打つことはありません。

練習場なら平なライから打てますが、ラウンドではティーショットくらいなもので、後は全てのショットに傾斜が掛かります。

フェアウェイだって微妙な傾斜が必ずありますよね。

  • 左足上がりにつま先上がり
  • 左足下がりにつま先下がり

状態は無数にあります。

今回は「左足上がりに」スポットを当てていきます!

左足上がりのライはとにかく左に飛ぶ

結論から言うと、左足上がりのライは球が左に飛んでいきます。

ここは特に覚えておきましょう。左に飛びます。

スイングの構造上どうしても左に飛ぶようになるから、ここはスイングの理論とかすっ飛ばして「とにかく左に飛びやすくなるのね!」という認識で飲み込んでくれればOK。

左に飛ぶと分かっている訳だから、大前提として目標を最初から右側にしておきましょう。

そのまま狙うと左に行ってしまうから。

続いては左足上がりのライでの具体的な打ち方を紹介します。

ポイント①斜面にそって立つべし

大切なのは斜面にそって立つ事です。

左足上がりなので、おそらく体重は右足の集中するかと思います。

そうすると体のバランスが変わるので、思いもしないミスショットが出ます。

とにかく傾斜なりに立って打ちましょう。

当然フルスイングをすれば態勢を崩してしまうので、ショットはコンパクトに畳んで下さい。

傾斜にも寄りますが、スリークウォーターかハーフスイングにしましょう。

(スリークォーターとは、7割程度のスイング幅に収めて打つ事)

ちょっと大きいクラブを持ってハーフショットが一番安全です。

ポイント②ドロー回転が掛かりやすい

球が左に行くと書いていますが、出球が左に行く訳ではなく、ドロー回転が掛かる為に左に行く訳です。

(※ドロー回転とは球が左に曲がる球筋の意味。飛ぶ球筋と言われています)

スイング的な説明になりますが、左足上がりのライは、インサイドからクラブが入ってくるんですよね。

インサイドから来る訳で、球にはドロー回転が掛かりやすくなる。

なのでドローが出ても驚かないように、「そういう球が出やすい状況」と覚えておくのが楽です。

まとめ・「左足上がりのライはバランスをとって目標を右寄りにする」

という事でまとめます。

  1. 左足上がりのライは球が左に飛ぶ
  2. 最初から目標を右にしておく
  3. 傾斜なりに立って、ドロー回転が掛かっても驚かない

以上になります。

左足上がりは個人的に好きなライです。

難易度的にも左足下がりのライよりかは軽い。まずは左足上がりのライの苦手意識を取りましょう。

こういう球筋が出る。こういうミスをする。という事が頭に入っていれば対応できます。

とにかく上記の3つのポイントを覚えておけば大丈夫です!

それではまた~!

この記事を書いた人

ノザ@ゴルフライター
ノザ@ゴルフライター

埼玉県在住の【本業サラリーマン、副業ゴルフライター】として活動。自分のブログも含めて累計500記事以上執筆。ゴルフ歴は10年以上。月一ゴルファー。アイアンはマッスルバック使用。

【Twitter】
ゴルフ関係を中心に呟き、フォロワー1000人超え(2020年5月現在)
お気軽にフォローして下さい!
アカウント⇒https://twitter.com/nagaremono12

【ブログ】
ノザ@ゴルフライターの公式ブログ(https://golfwriter-noza.com/)

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddy [ゴルフが楽しくなる情報をお届け⛳️](@caddy__official)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Caddy-girlsgolfer [可愛いゴルフ女子紹介](@caddy_girlsgolfer)がシェアした投稿 -