レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > ゴルフを始める為に用意する道具と予算を抑えるコツ

コラム

ゴルフを始める為に用意する道具と予算を抑えるコツ

ゴルフを始める際には、最低限の道具をそろえる必要があります。
しかし、必要と思えるすべての道具をそろえるとなると、かなりの予算がかかってきてしまいます。
ショップの店員に相談し購入するのも一つの方法ではありますが、ゴルフ用品を売りたい側に聞いても、予算以上の買い物をさせられてしまうことも。
ゴルフ経験者の視点から、予算を抑えることのできるゴルフ道具の選び方について紹介していくことにしましょう。

必要なのはこれだけ

ゴルフを始めるといっても、いきなりコースを回る訳ではありません。
打ちっぱなしで練習を重ねてからコースデビューするというのが、一般の流れです。
練習段階で必要となる道具をそろえ、その後コースデビューに向け道具をそろえていくのが、ベストな方法と言えるでしょう。
ゴルフを始めるために最低限必要となるゴルフ道具について、順にみていくことにしましょう。

ゴルフクラブ

ゴルフを始める場合、お下がりのゴルフクラブを使うという方も、実は少なくありません。
もちろん自分で初心者向けのセットを購入して、ゴルフを始めるという方もいますが、どちらを選択しても間違いではありません。
自分でゴルフクラブを用意する場合には、最低限プレーに必要となるクラブを用意すれば、問題ありません。
ゴルフコースには14本のクラブを持参できますが、ドライバー、アイアン7番、8番、9番、サンドウェッジ、ピッチングウェッジ、パターの7本をそろえるだけも十分プレーできます。
プレーを頻繁に楽しむようになると、新たに欲しいクラブも出てきますので、初心者のうちは必要最低限の本数をそろえておくのがベストと言えるでしょう。

キャディバッグ

初心者がクラブをまとめて購入する場合、初心者クラブセットなどを選ぶことも多いと思いますが、この初心者セットにはキャディバッグも含まれていることが多くなっています。
2万円から4万円の予算でクラブ、キャディバッグの双方をそろえることができます。
中古品であれば、それ以上に良いものを安い値段でそろえることも可能です。

グローブ

クラブを握る際に着用するグローブも用意すべきアイテムの一つです。
大きく分けて天然革と合成革がありますが、耐久性に優れているのが合成革で、柔軟性があり、フィット感に優れているのが、天然革です。
初心者のうちは、メンテナンスをあまり必要としない、値段が比較的抑え目な合成革で十分です。
おおよそ1000円程度で購入できます。

ゴルフシューズ

イングをスムーズに行うために、足の滑りを抑えることを目的としているシューズも用意しておきたいアイテムです。
ソフトスパイクやスパイクレスタイプが、今の主流となっていますが、安いものであれば4000円前後で手に入れることができます。

ゴルフウェア

ゴルフウェアは、手持ちのものでも代用可能となっていますので、あえて購入する必要はありません。
服装は、上は襟付きで動きやすいもの、パンツはチノパンなどでOKです。
ただしTシャツ、デニムなどはNGとなっていますので、手持ちの衣装がないという場合には、購入を検討してみると良いでしょう。
季節によって値段も変動しますが、半そでのトップスや夏の薄手のパンツであれば、1000円程度から購入可能です。

ラウンド小物

コースデビューするときには、ゴルフボールやティー、マーカー、グリーンフォークなどのラウンド小物も用意しておくと良いでしょう。
ゴルフボールはロストボールすることを考えて20個程度用意しておきましょう。
ティーは、ドライバーやアイアンに合わせて使いやすいものを選びましょう。
マーカーはボールを移動させる際に目印として使いますが、大抵ゴルフ場に用意してありますので、あえて購入する必要はありません。
グリーンを傷つけてしまった際に修復道具となるグリーンフォークは、マナーを重んじるゴルフでは、各自持参するのが常識となっていますので、コースに出る際には用意しておくようにしましょう。

これはやめとけ!ゴルフ初心者セットを選ぶ時の注意点

初心者にとって購入の手助けとなるお得なクラブセットですが、色々なタイプのものが売られていますよね。
どれを購入すればいいのでしょうか?初心者の場合、距離が細かく設定されたフルセットは必要ありませんので、あえて高い値段を出して購入する必要はないでしょう。
上達と共に買い足せるようハーフセットがおすすめです。
ゴルフを始めるとプレーに応じて自分にとって必要となるクラブが分かってきますので、始めからフルセットを用意してしまうと、その後買い足しがききません。
ハーフ7本でも、ショートホールからロングホールすべてカバーできるクラブがそろっていますので、プレーに慣れるまではこの7本で十分です。
使わないクラブを初めから買ってしまわないよう、注意しましょう。

ゴルフクラブを選ぶときの注意点

初心者は、まだ自分のプレーというものを掴んでいません。
そのため自分に合ったゴルフクラブをいくら購入しようと思っても、分からないのが普通です。
初心者の場合、ゴルフクラブに臨むものは、まっすぐな球が打てるもの、ミスなく打てるものだと思いますが、上級者の選ぶゴルフクラブは、球を自在に操ることを追求したものですので、やはり初心者向きとは言えません。
初心者用のゴルフクラブセットは、ミート率が高く、ヘッドスピードもそこそこの設定のものが選ばれていますので、間違いないクラブと言えるでしょう。
もちろん一つ一つ自分に合ったゴルフクラブを選ぶというのもアリですが、大抵プレーを続けていくうちに、買い替えを選択するプレーヤーが多いのも事実です。
初心者がクラブを選ぶ場合には、初心者セットのクラブにも見られるように、オートマティックなクラブを選んでみるのがベストと言えるでしょう。

あったら便利なゴルフ用具

上記した最低限のアイテムがあれば、ゴルフをプレーすることはできますが、やはり初心者のうちから持っておいた方が良いな・・・と思えるゴルフ用具もいくつかあります。
付け足しとして、あったら便利と思えるゴルフ用具についても紹介しておくことにしましょう。

ボールケース

コースを回るようになると、初心者のうちはOBや池に入れ、ボールをなくしてしまうこともしばしば見られます。
そんな時に備えスロープレーにならないよう、ボールをいくつか持ってプレーする必要が出てきます。
そこであったら便利なのがボールケースです。
ボールをそのままポケットに入れておいても良いのですが、取り出しにくかったり、ポケットが小さかったりと困ることも少なくありません。
ボールケースには、いくつかのボールをまとめて入れておけますので、スマートにボールを補充できます。

レインウェア

プレー中、天候が変わってしまうことも多いですよね。
急に雨が降ってきてもプレーを続行できるよう、レインウェアは用意しておくと便利です。
普通のレインウェアでも代用可能ですが、やはり動きにくくゴルフに適さないこともありますので、ぜひゴルフ専用のものを用意しておくと良いでしょう。

スコアカウンタ

初心者のうちはプレーに夢中になるがあまり、自分のスコアを忘れてしまうことも少なくありません。
そこで便利なのがスコアカウンタです。
打数を覚えておかなくても、カウントしてくれるため、よりプレーに集中できます。

他にも芝の照り返しから目を守ってくれるサングラス、着替えを入れるボストンバッグなど必要なアイテムは増えていくことになります。
初心者なのに、始めから高い予算を投じて、アイテムをそろえることはあまりおすすめとは言えません。
必要に応じて買い足せるよう、買い替えられるよう、予算を抑えて最低限のアイテムをそろえていくのがベストです。
周りに経験者がいるようであれば、一緒に買い物に足を運んでもらうのも良いでしょう。
後悔しないゴルフ道具選びを心掛けましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード