レジャーゴルフ【Caddy】 > コラム > 接待ゴルフとは?手土産はどうする?マナーと注意事項

コラム

接待ゴルフとは?手土産はどうする?マナーと注意事項

接待ゴルフは、ビジネス関係にある人々が、一緒に楽しむためのゴルフを指す言葉です。接待する側としては、接待ゴルフをすることでビジネスを円滑に進めたいという思惑がありますが、どのように接待ゴルフでもてなすのがベストと言えるのでしょうか?マナーや注意事項と共に、手土産などの配慮点についても紹介していくことにしましょう。

接待ゴルフのメリット

ゴルフの準備や細かい気遣いなどを必要とする接待ゴルフですが、それなりに多くのメリットがあり、ビジネスライクには欠かせないイベントとなっています。

ゴルフはプレイ時間が非常に長いため、その間に仕事相手と様々な会話ができます。会話の中には、普段ではなかなか聞くことができない秘密の情報や貴重な情報があるかもしれませんし、新たな営業先を紹介してもらえる可能性もあります。

さらに、会社の経営者や役員待遇の人にはゴルフをしている人も多いので、接待ゴルフで一度居合わせただけでも、ゴルフを通して気に入ってもらえると名前を憶えてもらうことができ、大きな契約の話が段階を踏まずに一気に進むこともよくあります。

また、接待ゴルフで築いた人間関係が、思いがけないキャリアアップに繋がることもあります。ホスト側としても、相手を接待することで会話力や段取りするスキルが確実に身に付きますし、相手の会社の人間関係を把握することができます。

さらに、目上の人や高い役職の人とゴルフをすることで、紳士的でスマートな立ち振る舞いを身に付けたり、プレッシャーに強いメンタルが鍛えられます。

接待ゴルフでのマナー

・スムーズなプレイを心がける
ゴルフのプレイでは、どんどんボールを打つ人もいますし、一打ごとに時間をかけてじっくり打つ人もいます。

クライアント側は自分のペースでプレイしても問題はありませんが、接待する側であれば、焦る必要はありませんが、スムーズにプレイを進められるよう常に意識しておくことが大切です。

ただし慌てすぎて焦ってしまうと、かえって相手に気を遣わせてしまうこともあるので注意が必要です。

・プレイヤーの視界を邪魔しない
ティーショットを打つ時、意外と気になるのが後ろにいる人です。後ろにいるから問題ないと思っている人も多いですが、スイングの時に視界に入ってしまうと案外気が散るものです。

プレイしている人の視界に入らない場所で、プレイを見守るようにしましょう。

・相手のプレイを見る
接待する側の自分も、真剣にプレイすることが大切と言えますが、あくまでも接待している側ですので、クライアントのプレイをしっかり見届け、良い場面にはしっかりと「ナイスショット!」と声をかけるようにしましょう。相手の良いところを後で具体的に褒めるとポイントも上がります。

・他の組に対しても紳士な態度で
接待ゴルフをしていると、自分のクライアントに、ついつい神経が向いてしまいます。しかし、他の組がショットをするときには静かにする、ゴルフ場のマナーを守るなど、基本的な行動も忘れないようにしましょう。

接待ゴルフを成功させるポイント(手土産、お礼メールなど)

・案内状と準備
ゴルフ場やプレイするメンバーが分かるよう、事前に案内状を送りましょう。また、当日もクライアントをお出迎えできるよう、早めにゴルフ場に到着しておきましょう。

また、当日の天気や風向き、コンディションなどの情報を、事前に収集しておくことも大切です。

特に暑い日は、凍らしたペットボトルを人数分用意したり、逆に寒い日はカイロを用意するなどしておくとポイントも高いでしょう。

・手土産
接待ゴルフをする場合、手土産は必須アイテムです。接待ゴルフに招待するということは、これからのビジネス上での関係を良くしたい意図が含まれていますので、さらに良い関係を築くためにも手土産を用意するようにしましょう。

接待ゴルフをすると、後日クライアントからお礼の連絡が入ることも多いので、気の利いた手土産を渡すことで会話も弾みますし、良い印象が残せます。

クライアントや家族の好みなどを事前に調べ、手土産の内容を吟味してみると良いでしょう。

・お礼メール
接待ゴルフは終わってからも気が抜けません。後日丁寧にお礼のメールをするだけで、信頼できる律儀な人という印象を残すことができます。

もし平日に接待ゴルフをした場合なら当日中に、週末に行った場合は、週明けには相手にお礼のメールが届くようにしておきましょう。

堅苦しいお礼のあいさつだけのメールは、単なるビジネスメールで冷たい印象になってしまうので、相手のナイスショットや印象的なエピソードなど、一緒にラウンドした人だけが共有できる情報を入れるとより親近感を持ってもらえます。

接待ゴルフでやってはいけないこと

・ゴルフを楽しんでいない
接待ゴルフでも、ゴルフを心から楽しむ姿勢が大切です。接待ゴルフだからといって手を抜いたり、大げさに相手のプレイを褒めまくったりすると、接待されている側としても決して心地良いものではありません。

ゴルフを通してビジネス関係を良好にしたいと考えるならば、こちらもゴルフに集中し、楽しむよう心がけましょう。

・仕事の話をする
ビジネス上で進めたい話が色々あるかと思いますが、接待ゴルフのラウンド中にビジネスの話や交渉を自ら切り出すのはマナー違反です。

相手がゴルフ好きなら、なおさら楽しくプレイしている最中に、商談など現実的な話をされると興ざめになり印象が悪くなります。

交渉を上手く進めたいならば、ゴルフプレイ中は、こちらから仕事の話は避けるようにしましょう。まずは人間関係を築き、仕事の話はラウンド後にするようにしましょう。

・勝負にこだわる
接待ゴルフなのに、自分の勝ち負けにこだわってはいけません。あからさまに手を抜いてクライアントを不自然に勝たせる必要はありませんが、自分がミスショットをして、あからさまに悔しがるというもの印象が悪いものです。

負けても勝ってもみんなが心地よくリラックスしてプレイできるように、さりげなく気配りすることが大切です。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

Caddy編集部です。初心者軍団ですが楽しんでゴルフとサイト運営を行っていきたいと思います。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
人気キーワード