レジャーゴルフ【Caddy】 > 美容・ダイエット > ゴルフでダイエット!効果やダイエット効果の高め方とは?

コラム

ゴルフでダイエット!効果やダイエット効果の高め方とは?

「ダイエットにおすすめなスポーツないかな?」
とお考えの方はいませんか?

もしダイエットにおすすめなスポーツを探しているのであれば、ゴルフがおすすめです。

今回は、

  • ゴルフでダイエットができる理由
  • ゴルフダイエットの効果
  • ゴルフのダイエット効果の高め方
  • ゴルフダイエットの注意点

などについて解説します。
ダイエットのために、ゴルフを始めてみませんか?

ゴルフでダイエットができる理由

ゴルフでダイエットができる理由は、大きく分けて4つあります。

理由1.素振りでカロリー消費

ゴルフで素振りをすれば、カロリーを消費することができます。ゴルフの素振りは1回あたり、1kcal消費します。
打ちっぱなしの場合、1時間で120?200球が目安なので、1時間で120?200kcal消費可能です。
球数やペース次第では、大きなダイエット効果が見込めます。

理由2.ラウンドで歩く

ラウンドで歩くというのも、ゴルフがダイエットに効果的である理由の一つです。
ラウンドでは計18ホールも歩き回ることになり、時間でいえば約5?6時間はかかります。
ラウンド1回あたりの消費カロリーは、徒歩で約1200kcalです。実際にはスイングもするので、消費カロリーはそれよりも大きいです。
また、歩き回ることは有酸素運動にもなるので、体脂肪を燃焼させられます。
カロリーと脂肪を消費したい方は、ラウンドがおすすめです。

理由3.ストレスの解消になる

ゴルフで体を動かせば、ストレス解消になります。
ストレスが溜まっていると、暴飲暴食をするおそれがあり、太りやすいです。
しかしゴルフをしてストレスを発散すれば、暴飲暴食を防げますし、カロリーと体脂肪を消費してどんどん痩せていきます。
特にゴルフ場でのゴルフは、自然に囲まれていてリラックスできるので、なおさらストレスが発散されやすいです。
ゴルフでダイエットをする際は、ストレスがちゃんと発散されているかにも意識を向けましょう。

理由4.友達と切磋琢磨できる

ゴルフは誰かと一緒にやることが多いスポーツです。
したがって、友達を誘って一緒にゴルフダイエットをすれば、切磋琢磨できます。
ダイエットは一人だとモチベーションを保ちづらいですが、友達と一緒ならば競い合えるのでモチベーションを維持しやすいです。
サボってしまった時は友達の姿を見れば「サボってばかりじゃいられない!」と、やる気を上げることができます。
ぜひ友達を誘ってゴルフダイエットに取り組みましょう。

ゴルフダイエットの効果

ゴルフダイエットには、大きく分けて3つの効果があります。

効果1.歩き回ることで脂肪燃焼

ゴルフ場でゴルフをする際は、ゴルフ場内を歩き回るので、脂肪が燃焼されます。

体脂肪が燃焼すれば、体型がスッキリするだけでなく、肥満などの生活習慣病も予防できます。
歩き回ることは、ダイエットと健康の両方に効果があるのです。

効果2.スイングでお腹・二の腕の引き締め

スイングをする際は腹筋を使うので、お腹が引き締まります。

スイングで使う筋肉は、主に腹斜筋です。腹斜筋はくびれを作る筋肉でもあるので、スイングをすれば引き締まる上にくびれを作ることができます。
またスイングでは二の腕も使うので、二の腕も引き締まります。二の腕はたるみやすい部位でもあるので、二の腕が引き締まるのは嬉しいですよね。
体を引き締めたい方は、スイングを頑張りましょう。

効果3.基礎代謝がアップ

ゴルフをすれば基礎代謝がアップします。

ゴルフではスイングの際にお腹と二の腕の筋肉を使い、歩き回る際は下半身の筋肉を使うので、全身が鍛えられます。
結果、筋肉がついて基礎代謝がアップするのです。
基礎代謝がアップすると太りづらい体になるので、ゴルフをすればするほど太りづらくなります。

ゴルフのダイエット効果を高めるには?

ゴルフのダイエット効果を高めるには、主に5つの方法があります。

高め方1.お腹が空いた状態で行う

ゴルフはお腹が空いた状態で行いましょう。
お腹が空いた状態での運動は、体脂肪を減らしやすいからです。
またお腹が空いた状態であれば、胃もたれなどで具合悪くなる心配もありません。
ただしお腹が空きすぎている状態だと、ぼーっとしてしまうことがあるので、ゴルフ前にはおにぎり1個などの軽食をとりましょう。

高め方2.スイングは大きくゆっくり

スイングは大きくゆっくりすることで、体に対する負荷が大きくなるので、カロリーを消費しやすいです。
よりダイエット効果を高めるために、重いクラブを使って負荷を高めるのもおすすめです。
ただし大きくスイングする分、周りの人にぶつかりやすくなるので、周りを確認した上でスイングしましょう。

高め方3.ラウンドの移動は歩きで

ラウンドでの移動は、カートか歩きです。
しかし当然ながら、歩きの方が消費カロリーは高く、脂肪も燃焼されます。
広いゴルフ場を歩くのは疲れますが、その分ダイエット効果は高まるので、頑張って歩きましょう。

高め方4.打ちっぱなしは1時間120球を目安に

打ちっぱなしをする場合は、1時間120球を目安に頑張りましょう。
120球打てば120kcal消費でき、腕やお腹が十分鍛えられて基礎代謝がアップします。

高め方5.ゴルフ後の食事は控えめに

ゴルフをした後はお腹が空きますが、食事は控えめにしましょう。
ゴルフをしてカロリーを消費しても、後でがっつり食べたら、カロリーを消費した意味がなくなってしまいます。
また、ゴルフ場のレストランにはビールなどのアルコール類が置いてあることもあるので要注意です。
ダイエットを成功させたいのであれば、誘惑に負けずに食事をほどほどに留めましょう。

ゴルフダイエットの注意点

外でのゴルフは直射日光で汗をかきやすいため、水分補給をこまめに行いましょう。
水分補給を怠ると、熱中症になって命に関わります。
安全にダイエットを行うためにも、飲み物は必ず持ち歩きましょう。

ゴルフダイエットで痩せよう!

今回はゴルフダイエットの効果や効果の高め方などについて解説しました。
ゴルフは実際にやってみるとかなり疲れるので、やりがいを感じられることでしょう。
休日はゴルフ場に行ってしっかりと体を動かし、カロリーと脂肪を大きく消費させましょう。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

「レジャーとしてのゴルフを楽しむ」をモットーとするゴルフ情報メディアCaddyの編集部です。

編集部スタッフの大半が初心者ですが、“ゴルフを楽しむプロ集団”として、自ら学び体験しながらコンテンツをつくっています。

スポンサードリンク
コラムの関連記事
人気記事
この投稿をInstagramで見る

Caddyさん(@_caddy_golf)がシェアした投稿 -

人気キーワード