レジャーゴルフ【Caddy】 > ビューティー > ゴルフダイエット!効果的にカロリーを消費するコツ人

ビューティー

ゴルフダイエット!効果的にカロリーを消費するコツ人

ゴルフダイエット!効果的にカロリーを消費するコツ人
「辛い運動よりも、楽しいゴルフをしてダイエットできれば一石二鳥!」とは思いませんか?そこでゴルフが好きの人にはゴルフダイエットを是非お勧めしたいと思います。ゴルフはコースに出ると半日から一日歩き続けますし、スイングすることによって大きく体を動かすことになりダイエットにはぴったりです。ゴルフで効果的にダイエットするためはどのようなポイントに気を付けながら取り組めば良いのでしょうか?

ゴルフスイングの消費カロリー

スイングはコースに出ても打ちっぱなしでも欠かせない動作ですが、思いっきりフルスイングすると全身の筋肉を使うので、かなりの全身運動になります。

個人差はありますが、フルスイングを10回も行うとかなり疲れますし、汗も出てきます。コースに出てフルスイングを連続10回もするということはあまりありませんが、打ちっぱなしでは素振りも含めてかなりの数のスイングを行います。

スイングを1回することでおおよそ1キロカロリーを消費すると考えられています。100回スイングすると約100キロカロリーの消費となります。

ゴルフ1ラウンドの消費カロリー

ゴルフ場で、実際にラウンドすると18ホールで約5~6時間ほどかかります。ラウンドではずっと歩いて回る場合と、カートを使いながら回る場合がありますが、カートを使わないと8~10キロほどを歩くことになります。

ゴルフ場はアップダウンの激しいコースが多いので、歩くだけで400~500キロカロリーほど消費することになります。また、カートを使った場合でも5~7キロほど歩くので、その消費カロリーは200~300キロカロリーほどになります。

さらに、スイングなどの運動も加わり、一般的に5時間ほどプレイすると1500キロカロリーほどの消費をすることになります。ハーフで回るならその半分のカロリー消費となります。

ゴルフダイエットのメリット

ゴルフでは、かなりの燃焼量が期待できることが分かったと思いますが、実際どのようにダイエットに繋がっていくのでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせ

ゴルフはプレイが途切れることが多いので、運動量が少ないと感じる人も多いかもしれません。しかし、実際はラウンドを長時間かけて歩いて回りながらスイングをすることになり、この運動の組み合わせが非常にダイエットに向いているのです。

というのも、最近の研究から脂肪燃焼を目的とするダイエットには激しい運動を短時間行うよりも、息が上がらない程度の運動を長く行う方が向いているということが分かってきたからです。さらに、短時間で動きの激しい運動を無酸素運動というのに対して、呼吸を行いながらゆっくり体を動かす運動を有酸素運動と言いますが、この無酸素運動と有酸素運動を組み合わせながら行う運動の方がダイエットに向いていることも分かってきました。

ゴルフにおける、「長時間歩く」ことと「スイング」の組み合わせは、まさに有酸素運動と無酸素運動の組み合わせで脂肪燃焼にぴったりのスポーツなのです。

ゴルフで鍛えダイエットできる部位

ゴルフをすることによって、脂肪燃焼効果や筋力アップが期待できるのは、実際に体のどの部位なのでしょうか?

まず、スイングでお腹を大きくねじる運動をしますが、これによって腹部の筋肉である腹斜筋を鍛えることができます。気になるお腹回りの脂肪を燃焼し、筋肉を付けることでお腹回りが引き締まります。

また、スイングするときにクラブを大きく振り上げたり下ろしたりする運動をすることで、上腕の筋肉を鍛えることができます。上腕は普段の生活ではなかなか鍛えることできない部位とも言えますので、二の腕が気になる女性などは是非取り入れたい運動です。

効果的にカロリーを消費するコツ5選

鍛えたい筋肉を意識する

ゴルフは他のスポーツに比べて、長時間行っても体を激しく動かさないスポーツです。このため、カロリーを消費することを目的としてゴルフをしている人は、一回一回のプレイで大きな動作を心がけたり、鍛えたい筋肉を意識したりすることが大切です。

体幹や姿勢を意識する

ゴルフは飛距離を出したり、正確なショットを打ったりするためにもしっかりした体幹や美しい姿勢が重要なスポーツです。プレイする時は下腹部に力を入れて体幹を意識したり、美しいフォームを心がけたりすることで、ダイエット効果もアップします。

食事に気を付ける

ゴルフをしてせっかくカロリー消費をしても、食事の内容や量を意識せずに食べてしまとカロリーを消費するどころかカロリーオーバーになってしまいます。栄養バランスを考えながら食べすぎないことにも注意しましょう。

ストレスをためない

ダイエット目的でゴルフをするなら、成績やミスショットなどは気にせず楽しんでプレイすることが大切です。せっかくゴルフをしても落ち込んだり、ストレスの原因になったりしては、ダイエットの妨げになってしまいます。ストレスを排除して、ゴルフを思いっきりゴルフを楽しみましょう。

カートを使わずできるだけ歩く

ゴルフでラウンドする場合は、天気が悪かったり気候が厳しかったりする時期は仕方ありませんが、体調を考えながら無理のない程度になるべく歩くようにしましょう。自然の中で有酸素運動を行うとダイエット効果も高くなります。

この記事を書いた人

Caddy編集部
Caddy編集部

Caddy編集部です。初心者軍団ですが楽しんでゴルフとサイト運営を行っていきたいと思います。

スポンサードリンク
ビューティーの関連記事
人気記事
人気キーワード